TOP > 社会 > 個人にデータ削除請求権 米加州、20年1月新法施行 (写真=AP) :日本経済新聞

個人にデータ削除請求権 米加州、20年1月新法施行 (写真=AP) :日本経済新聞

19コメント 登録日時:2019-10-13 21:06 | 日本経済新聞キャッシュ

【シリコンバレー=白石武志】米カリフォルニア州のニューサム知事は11日、9月に州議会が可決していた企業に厳格な個人情報管理を義務付ける新法に署名したと発表した。2020年1月の施行が正式に決まった。...

Twitterのコメント(19)

まじか?

カリフォルニア州は、企業経営には本当向かないところだ。
労働者保護が強すぎる。

この法律も、これを皮切りに、ドンドン厳しくなるかもしれない。
加州も知事署名で決定。「年間売上高が約27億円超」「年間売上高の50%以上を個人情報の販売で得ている」、つまり売上規模と広告収益比率という考え方は『ソーシャルメディア四半世紀』で論じたとおり:
米カリフォルニア州のニューサム知事は11日、企業に厳格な個人情報管理を義務付ける新法CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)に署名した

2020年1月より、住民データを保有する企業に対し、消費者からのデータ開示や削除、売却停止の請求に応じるよう義務付ける。
これ乱立するとやばそうだなぁ。世界標準の法が決まってくれれば良いが。
カリフォルニア州 法案ですが、NYなど他州でも同様取り組み検討しているようで、全米⇨グローバルへの普及展開広もありそうです
来年1月施行のカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)では以下の義務が事業者に課され、違反時には1件当たり最大7500ドルの罰金が課されるとのこと。
ちょうどカリフォルニア州でも個人にデータ削除請求権を盛り込んだ州法が1月に施行されます
日経もようやく/
来年の個人情報保護法の改正にも影響してくるのかな。
企業に対応義務
カリフォルニア州個人情報保護法、来年1月施行

過度な規制強化はイノベーション停滞につながるのか、それとも、プラットフォーマーは規制強化のその上を行く存在か?

テクノロジー、アート、サイエンス、そして、ロビー活動
GDPRに続き…
乱立の予感…世界基準化されるのかな😌
カリフォルニア州は、排ガスもそうだが、アメリカの中でも厳しい。シリコンバレーの企業は克服できるのか。
米加州、20年1月新法施行

同州の住民のデータを保有する企業に対し、消費者からのデータの開示や削除、売却停止の請求に応じるよう義務付ける。同州で事業を手掛ける日本企業も対応を迫られる可能性がある。

| 日経 - 2019/10/13 - 20:46
企業に対応義務: 日本経済新聞

米カリフォルニア州のニューサム知事は11日、9月に州議会が可決していた企業に厳格な個人情報管理を義務付ける新法に署名したと発表した。
企業に対応義務 カリフォルニア州個人情報保護法、来年1月施行:日本経済新聞
米カリフォルニア州、個人にデータ削除請求権、20年1月新法施行: 日経


カリフォルニア州消費者プライバシー法
・年間売上高が2500万ドル超
・5万人以上の州民の個人情報を処理
・年間売上高の50%以上を個人情報販売で得ている

のいずれかの要件を満たす営利企業が規制対象
同州の住民のデータを保有する企業に対し、消費者からのデータの開示や削除、売却停止の請求に応じるよう義務付ける。
米カリフォルニア州のニューサム知事は11日、9月に州議会が可決していた企業に厳格な個人情報管理を義務付ける新法に署名したと発表した。2020年1月の施行が正式に決まった。同州の住民のデータを保有する企業に対し、...
以上

記事本文: 個人にデータ削除請求権 米加州、20年1月新法施行 (写真=AP) :日本経済新聞

関連記事