TOP > 社会 > 台風19号、21河川24カ所で堤防決壊 国交省が発表  :日本経済新聞

台風19号、21河川24カ所で堤防決壊 国交省が発表  :日本経済新聞

23コメント 登録日時:2019-10-13 18:52 | 日本経済新聞キャッシュ

国土交通省は13日、台風19号の影響で21河川24カ所で堤防が決壊したと発表した。国と自治体が管理する河川の計142カ所で浸水被害があった。同日午後4時時点の判明分で、さらに増える可能性がある。同省...

Twitterのコメント(23)

国交省が発表
台風被害が大きい。
自然災害の規模が年々大きくなってきている。

日本が変りつつある。
いや、世界が変りつつある。
騒ぎすぎという声もあったが、人的被害は確かに少なかったけど、笑えない被害だよなぁ…
2019年10月13日 18:46
つつしんでお悔やみと、お見舞い申し上げます。被害全容は、まだ不明。復興には時間が必要だと思いますが、一日も早く被災された地域の皆様が生活の再建出来ることを祈っています。
民主党政権時代、スーパー防波堤はスーパー無駄遣いと言って予算削ってませんでしたっけ??
台風19号の被害報告が増え続けている。東京都心が比較的大丈夫だったとしても、その周囲と東北地方の被害が甚大だという事が明らかになってきた。死者数も26名以上、行方不明者と合わせると50名超えるかも。『 国交省が発表:日本経済新聞』
気候変動に国のインフラを追いつかせていかないといけなくなってきとりますね。
災害の対策に関してはヒゲが正しい。
建設業者、引っ張りだこやな…💦
平成30年7月豪雨の時の西日本の被害の方が大きく深刻だったはずだけど、この扱いは首都圏と地方の差なのかね?
自衛隊などの派遣は行われているのだろうか。
あるいは全国各地からの消防なども。

、21河川24カ所で堤防決壊
北陸新幹線は全車両の1/3が浸水か…火は恐いけど、水はもっと恐いな。。
台風はもう来ないというわけではない。豪雨や地震もあるかも知れない。国と自治体上げての対策を。“ 日本経済新聞”
工法に目がいく
決壊する可能性がある場所は カーブがあるところで そこを壊れないように頑丈にすることは 想定以上には 当てはまらない。決壊したらどうなるかのシナリオを作るべき
大災害になってしまった‥‥。
たくさん決壊したな…。(´・ω・`)
防災減災と謳ってた公明党(担当大臣)が歴年担う国土交通省の仕事っぶり🤒なんの役にも立ってないやんけ。
越水などの氾濫に比べ、堤防決壊は損害が大きい。24ヶ所も決壊していて、また想定外でいいのだろうか?
国交省が発表(日経)

国と自治体が管理する計142河川で浸水被害があった。土石流や崖崩れなどの土砂災害は午後4時半時点で岩手県や福島県など1都14県で56件に上った。このうち土石流は6件、崖崩れは50件。
改めてすごい数…
多摩川ばかり報道してたように思うけど、全国の友人知人からは聞かされてた河川の氾濫。
メディアの在り方問われているのは昔からだけれど、今回も印象操作があったように感じてた。
「午後4時時点の判明分で、さらに増える可能性がある」:
以上

記事本文: 台風19号、21河川24カ所で堤防決壊 国交省が発表  :日本経済新聞

関連記事