TOP > 社会 > サンマ記録的不漁、近海産漁獲量は前年の0.06% 北海道で支援策も  :日本経済新聞

サンマ記録的不漁、近海産漁獲量は前年の0.06% 北海道で支援策も  :日本経済新聞

27コメント 2019-10-12 01:10  日本経済新聞

サンマが記録的な不漁だ。水産庁がまとめた9日までの漁獲量は7060トンと前年同期の13%にとどまり、過去最低だ。鮮度が良く人気がある日本近海の水揚げは、前年同期の0.06%とほとんどない。産地では漁

ツイッターのコメント(27)

記録的不漁って……まだ3月末やで。旬の秋の魚を獲るから資源枯渇するんだろうが(怒) 綺麗事いってもすることは中国漁船と同じ。目の細かい網入れて根こそぎやもんね。

 北海道で支援策も: 日本経済新聞
一番身近で深刻な温暖化の問題である。
でもほんとにわりと不漁っぽかったよな...
@kungyangyi これの影響ではないでしょうか

 北海道で支援策も: 日本経済新聞
日本近海でのサンマの水揚げが前年同期比0.06%と、記録的な不漁となっています。北海道では漁業者の資金繰りを支える支援も始まりました。
困った!サンマが記録的な不漁。9日までの漁獲量は7060トンと前年同期の13%~過去最低。鮮度が良く人気がある日本近海の水揚げは、同0.06%とほとんどない。
不漁の原因として海洋環境の変化が指摘される。サンマは冷たい海を好む。北海道沖の海水温が高く、近寄りにくいようだ
近海に限定しなくても前年同期の13%って不漁にもほどがあるな。/
北海道で支援策も
一時期喧しく台湾、中国の取りすぎが原因とされていたが、そうではなく海水温の上昇が原因となっているようだ。この傾向が続けば生さんまは喰えなくなるな
中国か韓国の違法漁船どもが獲り尽くしたんじゃね?

サンマ不漁深刻、近海産ほぼゼロ:
地球暑すぎてうまいサンマ食われへんやんけ、サンマこっちこい
鰻はどうでもいいけど、秋刀魚が食べられなくなったらちょっと辛い。資源の枯渇や気候の変動と要因は様々なれど、10年には食卓に並ぶ食材も大幅に変わってるかもな…。
“ 北海道で支援策も “
サンマが高級魚になってしまった。

サンマ不漁深刻、近海産ほぼゼロ:
不漁の原因として海洋環境の変化が指摘される。サンマは冷たい海を好む。北海道沖の海水温が高く、近寄りにくいようだ
海水温が高くなった影響も勿論あるのでしょうが、大型化した漁船や漁法の高度化で一網打尽にしたツケが回って来たのだと思う。冷たい海域に回遊しているならその場所には群れを成しているというのでしょうか?
海水温がサンマにも台風の大きさにも影響して
サンマ、マジでヤバい🐟
海水温が高いことが悪影響を及ぼしているのは台風だけじゃないね。
どうするんだよ、トランプさん?
サンマ不漁深刻、近海産ほぼゼロ:
鮮度が良く人気がある日本近海のサンマの水揚げは、前年同期の0.06%とほとんどない。日経から。  北海道沖の海水温が高く、近寄りにくいようだ。漁場の中心は日本から離れた公海。
目黒に限る
今年はサンマが不漁らしいです🐟

サンマは冷たい海が好きですが、海洋環境の変化で、北海道沖の気温が上がってしまってるからだと!

豊洲市場でも、値段が約"2倍"になっているんだそう!

今年はあんまりサンマ食べれないのかな🤥
高級魚になる以前に、カネを積んでも食べられない魚になりそう。。。
温暖化、おそるべし。。。
北海道で支援策も: 日本経済新聞
海水温高く  :日本経済新聞

サンマが高級魚になっていきそう。
海水温高く:日本経済新聞  前年同期比の数字がやっべぇな。サンマが高い……
日本近海の水温が高いのと、中国などの近隣諸国が大量にサンマを漁獲するなどして、日本のサンマの漁獲量は減っています。水産資源保護の議論は喫緊の課題です。経済的側面からみても課題です。
 海水温高く:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR