TOP > 政治・経済 > 0.27%下落でも出動 日銀、ETF買い積極化の裏  :日本経済新聞

0.27%下落でも出動 日銀、ETF買い積極化の裏  :日本経済新聞

24コメント 登録日時:2019-10-14 02:13 | 日本経済新聞キャッシュ

「わずか0.2%台の下落でも日銀は動くのか」――。10月に入り、日銀が上場投資信託(ETF)購入に再び積極的になった印象を与え、市場参加者の関心を集めている。4日には目安とされている東証株価指数(T...

Twitterのコメント(24)

日銀がETF買いに積極的
【本日の注目ニュース】
日銀の株買い、またまた活発に!

日銀がETFを通じて日本株を買い支えているのは有名な話。それをいいニュースと思っている人が多いが、外人が日本株を敬遠している理由のひとつがこれ。適正な価格決定を放棄した市場に魅力はない。
自然償還されないETFの購入はヤバすぎる。しかも下落してないのに買うとか一体何を考えてるんだ。結局円キャリートレードでまたサブプライム起きるだけだぞ。/  日銀、ETF買い積極化の裏: 日本経済新聞
追加緩和で、年間購入額の増加はあるかな…?
〉日銀のETF購入が加速するなら、株価の下値不安を和らげる効果が期待できるだろう
日銀 ETF買い積極化
TOPIX下落 0.27%でも 買い出動
そうでなくても筋悪措置なのに、役人の予算消化のようなノリで市場に介入するのは、もっとやめてくれ。
単純に予算が余りそうだからではないのでしょうか?年度末の道路工事と同じようなものだと思います。
多分、買い入れ枠が余ってるからやろね…
12月までにあとら2兆円以上余ってるはずだから

ちょっとの下落とか関係なく買い入れてくでしょう
それで底堅く推移するかもね
4日には目安とされている東証株価指数(TOPIX)の午前の下落率が0.27%にとどまったにもかかわらず、日銀は動いた。今年に入ってから最も小さな下落率での購入だ。一体、何が起きているのか。
日銀の独立性なんてとっくに無くなってて完全に安倍政権の言いなり。きっと消費税増税で経済停滞したから日銀に緩和圧力が掛かったんだろう。だけどそれは日銀の破綻への道だし、日本の金融社会主義化の道でもある。⇒
1カ月当たり0.8兆円⇨これに本気で市場が期待してるなら・・情けない
けど・・これ現実なのよね。
・ここにきて購入に再び積極的、海外経済のリスクが一段と増加
・「年約6兆円」の実績を作るには残り約2カ月半で2兆円分を買う必要がある
・株安局面での逆張りの買いを狙う個人投資家にとってはいい話ではない

今年1月から10月11日までの購入は4兆円程度。年末までに「年約6兆円」の実績を作るには、残り約2カ月半で2兆円分を買う必要がある。1カ月当たり0.8兆円だ。19年に入って最も買ったのは5月の0.73兆円。それを上回るペースを年末まで続ける計算だ。
編集委員 清水功哉:日本経済新聞
日銀の株価下支えがどの程度、積極化するか。年末に向けて注意を払っておく必要がありそうだ。
金融機関収益への副作用が懸念されるマイナス金利の深掘りはできれば避けたいのが日銀の本音。そのためにもETF購入の積極化で市場環境の悪化を防ごうとしているのかもしれない。とのこと・・・
買い入れ枠を守るためにETF買いを推し進めるだろうか。TOPIX下落率が少ない状況でも買い入れを増やすのは、海外勢の売りに対する抑止力じゃないだろうか。これ以上、市場における日銀の持株比率を上げることのリスクの方を気にする時期だと思う。
2日に1回は買い入れ必要?
日銀の積極的な姿勢は影響が大きいです。
日銀ETFで一喜一憂するのはやめたい…このオペレーションが走り始めてからずーっと見てきているが、▲1%以上の時もあったし、プラスで発動した事もある…発動の水準で、ペースアップかどうか判断できないし、止めるって言えないだけ。あからさまに減額もできないでしょう?
>「わずか0.2%台の下落でも日銀は動くのか」――。10月に入り、日銀が上場投資信託(ETF)購入に再び積極的になった印象を与え、市場参加者の関心を集めている-
4日は投資の日でサービスだろw
過去にも年に数回イレギュラーな介入あったし(・ω・`;)
(日本経済新聞) 「わずか0.2%台の下落でも日銀は動くのか」――。10月に入り、日銀が上場投資信託(ETF
以上

記事本文: 0.27%下落でも出動 日銀、ETF買い積極化の裏  :日本経済新聞

関連記事