TOP > 社会 > トヨタ前代未聞の労使交渉、「変われない社員」への警告  :日本経済新聞

トヨタ前代未聞の労使交渉、「変われない社員」への警告  :日本経済新聞

237コメント 登録日時:2019-10-15 06:14 | 日本経済新聞キャッシュ

10月9日、トヨタ自動車で「秋季」労使交渉が開かれた。1969年に年間ボーナス(一時金)の労使交渉を導入してからこれまで、延長戦に突入したことは一度もない。異常事態である。ふたを開ければ満額回答で、冬...

Twitterのコメント(237)

トヨタ前代未聞の労使交渉、
「変われない社員」への警告
トヨタみたいなデカイ会社だと、
こう言う事も深刻だろうな。
若手の給料削りすぎたので、今度はマネジメント層が給与削減のターゲットらしい。

なんだかんだ言いながら会社の言いなり。
会社の内部保留最大更新か?
さすがトヨタ。会社って社員の能力より意識が大事だと思う。
これからの時代は働きたくない20代と働かない50代の運用をいかにしていくかが生き残る鍵ですね。
「曖昧だった評価基準を、トヨタの価値観の理解・実践による「人間力」と、能力をいかに発揮したかという「実行力」に照らし、昇格は是々非々で判断」「ぶら下がっていただけの50代は評価されない。これから降格も視野に入るだろう」」・・・ふむ>「変われない社員」への警告
日経とトヨタはベタベタだからなあw
あとは推して知るべし。
「機能していない人がたくさんいるのではないか」「組織に対して貢献が足りない人もいるのではないか」
組織苦手やわぁと思わされる記事
コンサル会社でも、自分のコンサル料を説明出来ない人いますが。

普通の会社でも、自分の年収がなぜその額か説明出来ない人って、本当淘汰されてくと思う。

というか、不安じゃないのか。
社員は制度に適応しただけ。なぜ社員のせいにしているのか? /   :日本経済新聞”
これだけの大企業が危機感をもっている。
さて、教育界はどう変わっていく?
社員と言っても、ベテランの管理職以上…?ふむぅ
意外に真意は下に伝わらない。数万人の雇用が守れなくなることをなんとかして回避したい。そういう経営者の社員を思う想いが伝わっていないから噛み合わないコメントが飛んでくる。
生きるか死ぬかの状況が分かっていないのではないか?
社長がこのレベルの危機感持ってるならまだ大丈夫そうに見える。

トヨタ前代未聞の労使交渉、「変われない社員」への警告: 日本経済新聞
トヨタですらというべきか、さすがトヨタというべきか。おそらく日本で一番危機感を持って戦ってる。

"組合、会社ともに生きるか死ぬかの状況が分かっていないのではないか?"
「ぶら下がっていただけの50代は評価されない。これから降格も視野に入るだろう」
仕事で価値を生み出せない人には風当たりの強い社会になりつつある。健全で良いことだと思います。
👁いわゆる大組織のフリーライダー問題だと思います。個人的にはしがみつかないで羽ばたいて欲しいが、転職や社会人大学院などの越境学習経験が無いと難しいか。あとはセーフティネット。奥さんがフルで働いているとか。
というよりも3.5か月いいなあという方に目が行ってしまった…。変わらねば…。
変わらないといけないのん?ホジホジ
周り皆そうだけんども
まあ給料がメチャクチャ高いもんな。しかしこんな大企業がここまで昔からの給与形態維持してきたけどこの結果が出てきたのは景気が回復しなかったという事の証明だよな。
「曖昧だった評価基準を、トヨタの価値観の理解・実践による『人間力』と、能力をいかに発揮したかという『実行力』に照らし、昇格は是々非々で判断するとした」とな🤔/
大手も動き出してしまったか……
しばらくしたら、プライドだけ高くて使えないジジイたちでハロワが埋まるんだろうな〜
経営の空虚な嘆きかと思ったけどもっと全社的な変革の話だった。
年次による昇格制は廃止。当たり前じゃんよ。ま、言うほど無理やろけどな。だってニッポンの企業ですもの
全オッサン会社員は刮目して読むべき良記事。もちろん私もだ。天下のトヨタでこれだ。この記事を読んで危機感を持たない人間は生き残れないかも知れない。
→→
TOYOTAという日本を代表する企業がこの発表をするのは一つの象徴的な事件かも。

崩壊している崩壊していると言われながらなんだかんだ続いてきた日本の契約習慣を今度こそ変える機会となるのか。。。
年功序列や終身雇用、公務員だけが変わらないなんてことはありえない。
使えない社員を作る仕組みだったわけだ。出世コースに乗れなかった社員を有効活用するでもなく、切り捨てたいってことは分かったよ。システムを作ることが出来るヤツらがナニ被害者ヅラしてんだ?
トヨタみたいな大会社でも、
豊田章男の一声で人事制度変える動きに移せるんやなあ

一族経営の社長って、
ワンマンプレイで大胆な決断ができるから強いっすね
日本の悪しき風習が、ゆっくりと変わろうとしている
トヨタが終身雇用や年次昇格の在り方を見直すという記事。
それらによるプラスの影響はたくさんあるはず。
しかし、それ以上にデメリットが気になるような状況になったのだろう。

「変われない社員」、「ぶら下がっていただけの50代」という言葉に危機意識が見える。
大企業が先陣きって人事制度、とりわけ評価基準を変えるというのはありがたい話だ。
いよいよ年功序列制が崩れ、能力・成果主義にどんどん変わることで若手が会社に絶望して退職することが減るかもしれませんね。
“関係者は語る。「リーマン・ショックまでは拡大路線が続き、働いていなくても職場の中で隠れていられた。最近はそうはいかず、中高年の『働かない層』が目立ち始めた」”
トヨタさん大企業なのにフットワーク軽い →
「ぶら下がっていただけの50代は評価されない。これから降格も視野に入るだろう」
久しぶりに良い記事を読んだ。
ブラックボックスになっている社内のリアルが良く伝わる。

経営者が社内の状況をしっかり把握しようと努め、大手メディアにありのままを記事にしてもらうことで社内にも良い緊張感が生まれると思う。
仕事できないのに上に上がっていった人たちを一掃するのはいいけど今度は手柄を横取りする輩が増えそうね
働き方改革が働く人改革に変わりそう。時が動き始めました。
日本の頂点企業が企業文化グローバル化への一歩を踏み出すとき
労働者だから組合員だから守られるじゃなくて、自分の価値を自分で証明して、会社側も価値をちゃんと認める。一方で無能にも無能を評価する。信賞必罰。
こういうことすると、ウチの社長がマネするからやめてくんねえかな(?)www
いいねー、使えない口だけの老害の炙り出し。うちでもやってくれよ
ここ最近のトヨタさんの人事関係の発言からは、日本を代表する企業として我々から行動・発信して行かねばという気持ちを感じる。他の企業も追随しやすくなるよね。
世界トップ企業でもこの危機感。ベンチャーでも40前後のビジネス人生終わった感を出す人もいる。隠居するまで全力でやろうや。
惰性で生きることに意味はない。自分の人生のためにも、後進のためにも自分の証残そうや。上向いて努力するだけだから。過去の経験などクソ食らえ
組織はどこも頭を悩ましていることでしょう。

豊田社長が危機感をあらわにし、トヨタが頭を悩ませているのは、「変わろうとしない」社員の存在だった。
メモ
悪く言えば、日本人自体の教育に失敗してしまったからだよ
良く言えば、外国にまんまとコントロールさせてしまった結果だよ

紅い洗国、またはWGIPからをしらない人がまだまだ多い
うちの会社も変わってほしいわ。。。
まじ部長以上が糞すぎる。
本社はさらにエグすぎる。
地域はお小遣い(年収600)もらう子供が多すぎる。

まぁ、やめて正解やな。
大企業も少しずつ変わりつつあるんだなぁと感じる
「機能していない人がたくさんいるのでは」「マネジメントも含め、変わりきれていない人も少なくとも存在する」「職場の中には、まだまだ意識が変わりきれていなかったり、行動に移せていないメンバーがいる」
社員頑張れよ😁
ボーナスもしっかり出して良い会社じゃん😎😎
ぶら下がるだけの社員を絶対に許さない姿勢、好き。

機械が専門なのでOB含め沢山知り合いいるが、アイデンティティが「世界のトヨタの社員だぞ、えっへん!」みたいな、ペラい学生から見てもペラペラな人いたもんな。
評価主機は全体の人件費削減に使われがちでそうなったら職場はギスギスして生産性は下がる
無駄と思われることが実は無駄でないことあるんだよ
同一労働同一賃金の波は、新卒とシニア社員に対して影響を及ぼすだろうと思うなー。
自動運転技術、空飛ぶクルマ、電動化。クルマの周辺技術はどんどん変わる。いずれ、パナ辺りが電気自動車に進出したり、ベンチャーが出てくる。従来技術が重荷になって沈むという危機感だ。
機能してない人が増えたのではなく、目立ってきたということなのか。
年齢で判断はいまどきナンセンス、あくまでも一定の指標
オレは目から鱗やで。

平行線しか有り得ないと思っていた労使の認識が共通認識に変わり、やる気と能力がある奴が昇進し、やる気の無い奴は降格。

当たり前だろそんなもん。
でも今まではそうではなかった。

トヨタから変わるんだろうか。
トヨタ、「年次による昇格枠を廃止」。
中高年の「働かない層」への改革。ほとんど何もしなくても700万~1000万保証されるあの仕組み、ついに終焉を迎えるのか。
個人的には、「定年の早期化(働きたくない人は早くリタイアした方が幸せ)」と「雇用上限の撤廃(バリバリ働ける人は70歳でも80歳でも現役処遇で働いた方が幸せ)」がオススメなんだけど、どこか大企業でやってくれないかな。
トヨタの労組ってなんなんだろうね。長い目で見れば会社の繁栄=社員の利益ってのは理解できるけど・・。
大企業でさえ感じる危機感。

職場の文句を言うのは容易い。
その空気にのまれて同じように不平不満をはく事にエネルギーと大切な時間を使うより…

叩かれようとも改善策を提案し前進への道にエネルギーと時間を使う方が自分自身を強くし未来の不安要素を減らせれる。
トヨタが変わればウチも含めて他も続くやろうなぁ。
まあそんなに待ってられへんけど。
この会社辞めたら基本給10万円近く上がった私が通ります。
トップがこの危機感を持ってるってことが本当に大事だなと。
我が社にも管理職降格の仕組みが欲しい…。
うちの会社の民も見倣うべき。
なんかネガティブな伝え方だけど、若年だろうがシニアだろうが活躍してる人の報酬が劇的に変わるなら、すごい変化になると思う。
トヨタはサバイブできると思う。
この記事から労使交渉に単に組合と経営側の交渉だけでなく、現場で頑張りたい若手とぶら下がり管理職との闘いが含まれてる気がした。そして学生時、日本型の雇用モデルといえばトヨタだった。面白い。
ぶら下がっていただけの50代は評価されない。
トヨタもついに。
いよいよ本格的にきました
病院など医療機関がさらにこのシステムでやばい
【 】
これを全国の経営層がまるパクリするのが来年の4月
@renisan こんな感じに評価制度が見直されるといいね
変わらないのは会社であって、社員ではない。社員のキャリアを考えた人事は幹部候補のみでは?記事の内容から人事考課は客観的な評点ではなく主観的では?
変われない社員っていう言葉はきっと多くの大企業に刺さる言葉なんだろう。
トヨタの労組はほんまにすごい。
経営陣に対して、使えない部課長いっぱいいまっせって言えんねんから。
多分これはどの企業も同じこと。
波及効果で他の企業の春闘がどう変わるのか見もの。
良いもの見せてもらってる。
>労使交渉では、組合側から「機能していない人がたくさんいるのではないか」「組織に対して貢献が足りない人もいるのではないか」という率直な意見が出た。
『豊田社長が危機感をあらわにし、トヨタが頭を悩ませているのは、「変わろうとしない」社員の存在だった。』
トヨタ、前代未聞の「秋闘」労使交渉。

秋にやったのか、相当拗れたかな。
>評価基準を、トヨタの価値観の理解・実践による「人間力」と、能力をいかに発揮したかという「実行力」に照らし
後者は分かる。前者の忠誠心が評価基準になるあたり、一定変わっても覚醒はしなそう
「日経ビジネスの「年功序列をどう変えていくのか」との質問に対して「これまでは『何歳でこの資格に上がれる』という仕組みがあった」と認め」
なんか こういうこと起こると… 昔の人?は、頑張ったのに報われないことに絶望感を覚えている気がするけど、頑張ることは確かに大事だけど、適正じゃないと雇われ側に判断されることは不可避なことだったと捉えて、さっさと違う道を探した方がよい。
違う道を探す力を養う。
日経新聞
大丈夫ですか?

張さんが
社長の頃、世界の株主は
一族が社長(経営者)に戻ることは
許されない

そんな記事を執筆しましよね

そして
リーマンショックで弱体化した
トヨタに、
「ぶら下がっていただけの50代は評価されない。これから降格も視野に入る」
「年次による昇格枠を廃止」
「変われない社員に対する警告ともいえる人事制度の再点検」

日本最大の企業が動いたことでこういった動きは一層加速するだろうな。
どこも四苦八苦してそう。 |
そもそもぶら下がっているだけで、多額のボーナスが出るという意識が甘い。3年ほど研修として派遣会社に行かせて他社の文化を吸収させては如何か。

トヨタ自動車
巨艦トヨタが変われるか。
人事制度の変革は大きな軋轢を生む。

少なくとも豊田章男社長は、MaaS時代に向けて成功体験を捨てて変わらなければいけない、と強烈な危機感を覚えており、それは社外にもビシビシ伝わってくる。
トヨタほどの企業でも「働かない層」っているんだね。
「豊田社長は、ベテランを含むマネジメント層に危機感を持っていたようだ。
(中略)ぶら下がっていただけの50代は評価されない。これから降格も視野に入るだろう。」

↑TOYOTA凄まじい…。
これがトヨタの実行力か。
弊社も耳が痛い発言ですね。
経営側は人件費が高い高齢層は減らしたいし、組合側も、働かない高齢社員は見てるだけで害ってことか。非組だから守られないねぇ🤔
前例が出来たぞ
おおー正しいがキツイだろうなー。正しいけどー。
中高年の『働かない層』が目立ち始めた
一言一言があれだ…
変われない社員、50を目前にしている自分に突きつけられたナイフ。 
いっそのこと自分の頭ん中を真っ白にしてゼロベースにリセットする必要あんべよ
トヨタさすが!
日産のCMキャッチコピーみたいな
トヨタの冬の一時金交渉、結論から言えば満額回答で落ち着いた。例年と違ったのは延長交渉の末、労使双方が示したビジネスモデルの転換に危機感を持てない「変われない社員」。年齢、スキル、職歴を越えて変わるためには…?を模索するトヨタ。日本の製造業は大丈夫か?
会社の中に機能していない人なんかいくらでもいるぞ。そう思ってない方がおかしいって。
そろそろトヨタもリストラすると思うね。時価総額が日本イチの会社でも産業が突然死するよ。
変われない社員。
弊社にも残念ながらたくさん居ます。

大手製造業に入社すればそこがゴールで、ほどほどに居るだけで定年まで安泰だった時代は終わった。

これからはそういう人は降格も配置転換も視野に入ってくる。トヨタでもそうなのだから。
会社が大きくなると必ず当たる問題ですね(´`:)国単位だと中国は必ず公務員がだらけ、賄賂→国が乱れ政権交代→公務員が賄賂とる→国が乱れ政権交代を4000年間繰り返して今です。
変化に対応できないサラリーマンは容赦なく切られる時代が、もう来てるんですよ。
組合が本当の意味で機能しているかは、別問題だとは思う
若手は組合をどう思ってるんだろう
豊田社長が危機感をあらわにし、トヨタが頭を悩ませているのは、「変わろうとしない」社員の存在だった。
トヨタが変わる。日本が変わる。
トヨタも準備に入りましたか。
働いている ゛ふり ゛している社員が多すぎる。
喫煙ルームで ゛仕事の話している ゛と言いながらサボている社員には腹がたった。
それで仕事をやらなければならないと残業\( 怒 )/
上司も見て見ぬふり\(あのね!)/
↓ 
トヨタ「変われない社員」:
組織の活性化、ふむ
こういうのを見るとやっぱりトヨタは強いなぁというのを感じる。

そして何より豊田社長のリーダーシップがすごいと思うと同時に、危機感の本気度を感じる。
トヨタ自動車(7203) 現在の株価 7,385円、取得単価2,900円。約10年間300株保有。ここまで上がってくれれば、少々下落してもざわざわしない。「トヨタは大丈夫だと思うことが危険」はい、頭に入れておきす。
「変われない社員」への警告
ぶら下がってきただけの50代は😱
これに追従する企業は現れるのか!? -----
これね。トヨタだけじゃなくってね。
賃金の3.5ヶ月分がボーナスか。贅沢だ。企業はその贅沢を受けるほどのことをしているだろうか。
自動車なんて中年世代の自己顕示の象徴で無駄が多く既にメリットが社会貢献を下回っている。
こマ?失望しましたこれからはヒュンダイに乗ります
トヨタ前代未聞の労使交渉
トヨタという日本人最大の企業ですら、年次昇格なんて制度が残っているのか。。。
日本の生産性が低いと言うのは、うなずけてしまうが、超絶ホワイト企業なのかも知れん。
その前にラグビー選手の薬物所有を徹底的に取り締まったほうが良い…

変われない社員なんか気にする必要はない。

育てる気も無いのに🤷

終身雇用も無くすんだから…

さらなる経費削減の言い訳だな(笑)

マジ鬼畜会社。
-
トヨタはともかく日本企業のほとんどは社員教育を怠っているから「労働者のスキル」なんてもうコネくらいしかないのだよな。
ほとんどはコネなんてないから、それが賃下げの口実になると。
EV化の波に乗れなければ斜陽産業になる瀬戸際だものねえ。
天下のトヨタでここまで渋く...
景気いいんじゃないんでしたっけ(棒
日経🚀
トヨタ車は糞嫌いである🚀
しかし豊田社長ほど、モータリゼーションの終焉を直感している完成車メーカー社長はいないと思う🚀
なんて平和なんだ
羨ましいぜ大企業!!
「変われない」理由が変われない当人にのみ問われるべきものかどうか? ただ評価主義になっただけならこんなもの唾棄すべきだ。
滅茶苦茶煽っておいて人事制度の見直しかよ、と思うのは多分勘違いで自動運転車やEVが主体になってくるこれから外から人をとってこないとならなくなるのでそれに備えての第一歩なのかなと思いました /   :日本経済…”
こっちも始まったか。。。

まだまだ社会主義的な企業の仕組み続くと思ったけど、案外潮目変わるの速いか?

大歓迎ですわ。
せやな。でもトヨタに入ったらそれで上がりっていう意識は中々取れないのではなかろうか?/
社員からみると変われないのは社員では無く、会社の方だったりする。
評価の問題っちゅーより裁量の問題だと思うんだけどね(´・ω・`) 若手にモチベーションと成長を期待し且つ流出を防ぎたいならトップダウンで評価を下すより権限と結果責任を負わせるべきだと思う(´・ω・`) /   :日…”
外資系にいると「労組と交渉」というプロセス自体が最初の気づき。
本気で取り組もうとしてるけど、同じレベルで危機感を持ってる企業はどんだけあるか?今のまま会社にいられるほど甘くなくなってる。
やっとこの時代が来た!😣
そもそも賃金交渉とは何か?と、云うことから始めた方が良い。こんな労組じゃ組合員の暮らしは守れない。
プロパー社員だけで戦えるほど、経営環境は甘くないのでしょうね。
あの天下のトヨタでもこの状況。日本人の働き方って、本当に構造から抜本的に変えていかないといけない時期なのかも。【Share →】
「社長は、若手が多い組合側よりも、ベテランを含むマネジメント層に危機感を持っていたようだ」  おもしろい。
身に沁みるお言葉😑
トヨタ自動車はさすがのガチ体制。
となると恐らく豊田自動織機も右に倣った後だろう。
デンソーは有馬社長の意向が気になるところ。
頑張れよ~お気楽社員率No.1のデンソー社員さんたち。
ちったぁ危機感を持ちなよ~?🤣
/ リストラしたら?
そういえば、トヨタといえば、生産現場が時間外に無給で「カイゼン」をやらされると聞くけど、幹部社員は自分たちの仕事に「カイゼン」やってるんだろうか? /   :日本経済新聞”
トヨタとは関わりあいたくない。でも,スバルは子会社だったか・・・・。>
変われてないのは会社やん。
いまだに「カイゼン」への参加、とか一時問題になった無償労働やろ?
トヨタからしてこんなんやもん、労働者しばきあげて儲けを出す、ところからの卒業はまだまだ無理やな
もっと見る (残り約87件)

記事本文: トヨタ前代未聞の労使交渉、「変われない社員」への警告  :日本経済新聞

関連記事