TOP > 政治・経済 > 祝日取引をぶち上げた日本取引所の「次なる野望」  :日本経済新聞

祝日取引をぶち上げた日本取引所の「次なる野望」  :日本経済新聞

27コメント 登録日時:2019-10-15 02:24 | 日本経済新聞キャッシュ

日本取引所グループ(JPX)が、株価指数先物などデリバティブ(金融派生商品)の祝日取引を開始する検討に入った。海外市場との株価の連動性が強まる中、欧米よりも格段に多い祝日にも売買の場を提供したいとい...

Twitterのコメント(27)

24時間、休日なしで戦え!
(+。+)アチャー。
「銀行が休んでいるため投資家がお金を送金できない祝日にどうやって取引を決済するのかという大きな問題がある。この点については、…その間の決済不履行リスクはJPX傘下で清算業務を手掛ける日本証券クリアリング機構(JSCC)が負う方向だ。」
やっぱり日本の市場休みすぎだった🤭/
何故もっと早くやらなかった...
トレーダーの寿命が縮まるからやめていただきたい。
相場が止まってる時間はあったほうがいいと思う。
デリバティブの祝日取引、流動性はどうなるんだろう。

プレイヤーはプロしかいないから平日と変わらないのか、ヘッジ対象の現物商品が取引されてないから、流動性が落ちるのか。
JPXら株価指数先物などデリバティブの祝日取引を検討している
当然の動きなんだろうけど、祝日取引、TFX統合は、証券システム屋さんには辛そうな案件。
これは賛成。
ネット証券大歓喜でしょうね
「株価指数先物などデリバティブ(金融派生商品)の祝日取引を開始する検討に入った」
GWや年末年始などの長期の休みの時だけ少し開けてくれたら十分だけど
たまの祝日くらいは休みでいいです
まぁTFXもくっついたほうがわかりやすいよね---------
地場証券のディーラーとしてはどうせ参加できないし、今でも祝日にSGXもCMEも開いているのでやりたければどうぞという感じです。マーケットに与える影響はほとんどないでしょう。
この流れは確定ですね。逆にクリスマスは休んでも良い気がするが。 >
[日経] 祝日取引をぶち上げた日本取引所の「次なる野望」

>どうやら祝日取引を検討する過程で別の国内取引所の買収が一つの案として浮上しているようなのだ。その相手は、FX(外国為替証拠金)取引や短期金利先物などを扱っている東京金融取引所(TFX)だ。
祝日に先物取引が行われるのは賛成。週末の海外の材料を先物が吸収してくれて、現物の動きが大人しくなる。短期投資は仮想通貨とFXと先物へ、中長期投資は株式へとなれば投資の世界は多様化する。
これも金融プラットフォーマーの痛み
先物だけじゃなくて現物もぉぉ
いや、祝日でも送金できるでしょ
オワコン対面の言うことなんて聞いてたんか無視でいいやろ
小売店も休みがなくなったのだから、金融取引市場もそうなるべきだろう。働き方改革と逆行するかもしれないが、順番に休むしかない。
先物「祝日取引」検討。

紆余曲折ありそうだが。
夜間取引の伸びがすごいな。
そして、このタイミングで祝日取引の検討を開始した裏には、JPXの新たな構想も透ける。東京商品取引所(TOCOM)の買収によって晴れて複数分野の金融商品を扱う総合取引所…
休日まで気が休まらなくなる
個人的には、いらんわ(・ω・`;)
日本取引所グループが、株価指数先物などデリバティブの祝日取引を開始する検討に入った。
欧米よりも格段に多い祝日にも売買の場を提供したいというのは取引所としては当然の発想だ。そして、このタイミングで祝日取引の検討を開始した裏には、JPXの新たな構想も透ける。
以上

記事本文: 祝日取引をぶち上げた日本取引所の「次なる野望」  :日本経済新聞

関連記事