TOP > 社会 > 漫画村、人海戦術で5万点投稿 隠蔽工作は巧妙に  :日本経済新聞

漫画村、人海戦術で5万点投稿 隠蔽工作は巧妙に  :日本経済新聞

18コメント 登録日時:2019-10-08 05:22 | 日本経済新聞キャッシュ

半年で6億回のアクセスを稼ぎ、約3千億円の著作権被害を出したとされる海賊版サイト「漫画村」。このほど主導役の男ら4人が摘発され、10人を超すメンバーが漫画の画像を収集していた組織性や、運営主体を特定...

ツイッターのコメント(18)

しれっと、根拠のない数字を出しているあたり…。
「約3千億円の著作権被害を出した」
こういった違法サイトは本当に潰れて欲しいし、犯人は吊し上げてもいいですよ。「割に合わない」と思わせて犯罪を抑止する刑法の概念を、よりしっかりと行って欲しいです。
星野ロミはあいかわらず余裕だねぇ。ロミ的にはリンクを張っただけという認識なのかな。>
人海戦術で5万点は凄いな

 隠蔽工作は巧妙に: 日本経済新聞
読めば読むほど、ブロッキングなんかしなくても広告業界にメス入れるだけで済んだ話っぽいやん。
「アドネットワーク事業者」という業界というか業態が存在するんだ。覚えておこう。>>>
作品収集が人海戦術だった一方、捜査の手をかいくぐるため、運営には高度な隠蔽システムが使われた。サーバーはウクライナに置かれ、情報を隠す「防弾ホスティング」と呼ばれるサービスが使われた
何より、ネット広告の落とし穴だし!これ点は知っておくべきだし… →
広告主ですら、どんなサイトに自社広告が出ているかを把握できないという現状が、漫画村のような著作権違反サイトがなくならない背景にあります。
やったことはよくないけど
半年で6億pv稼ぐサイト作ったって凄いよね…。収入も数億円。。。
実際アド事業者頼みの広告配信の現状で、どうやって企業が把握できるようにするんですかね。イギリスの著作権侵害サイトリスト作ったのすごいな
完全に反省してない

拘束されたフィリピンから日本に強制送還される際に着ていたTシャツには「Manila Mura(マニラ村)」と漫画村との関わりを示すような文字。
人海戦術で 違法投稿を巧妙に隠蔽 :日本経済新聞
“福岡県警などが著作権法違反容疑で逮捕した星野路実容疑者(27)。フィリピンから日本に強制送還される際に着ていたTシャツには「Manila Mura(マニラ村)」と漫画村との関わりを示すような文字。機内では笑顔を見せる場面すらあったという。”

人海戦術で
隠蔽工作には巧妙なネット技術を駆使する一方、画像ファイル集めは人海戦術ーー。漫画村事件の実態が徐々に明らかになってきました。
漫画村閉鎖後も同種の海賊版サイトは後を絶たず、広告業界は収入源を絶つ仕組みづくりを急いでいる。
以上

記事本文: 漫画村、人海戦術で5万点投稿 隠蔽工作は巧妙に  :日本経済新聞

いま話題の記事