TOP > 政治・経済 > 米国向け車関税「撤廃」明記へ 貿易協定、時期示さず  :日本経済新聞

米国向け車関税「撤廃」明記へ 貿易協定、時期示さず  :日本経済新聞

【ニューヨーク=飛田臨太郎】日本政府が米国と妥結を目指す貿易協定をめぐり、米国向けの自動車や自動車部品の関税について撤廃する方針を明記する方向で最終調整していることが分かった。撤廃の時期は明示せず、...

ツイッターのコメント(12)

お互いの自国向け報道では解釈に差が出る可能性ありますね…
少なくとも撤廃を明記する事には大きな意味があるでしょう
時期未定とは言え、トランプのアメリカ相手にこれ一歩進めたのは大きくね? / “ 貿易協定、時期示さず  :日本経済新聞”
わたしは今日のニュースは毎日新聞のソースで読んだので、
「車関税の撤廃は見送り」と報じましたが、日経新聞は前向きな記事。

新聞各社で違うのが面白いですね!
なんかさ、先送りした安倍マンセ!!っていうTLが多いけどさ、何も解決してないって事に注目しないのかね?それに密約とか組んでるんだろうし、その辺ツッコんだ記事書いてみろっての
野党、左派メディアら真っ青…東京新聞(8月26日)「(米との貿易)交渉が一気に進展したのは、日本が自動車関税で米国に譲歩したことが大きい」などしていたが、現政権は譲歩などしてはいなかった様だ。
←事実上の先送り。譲歩?
【日本経済新聞から】
自動車関税、「撤廃」を明記、日米貿易協定で

オバマ政権時代のTPPで一度は自動車の輸出関税2・5%を25年かけてゼロにするということで合意していました。今回は時期を明示せず。トランプ大統領に翻弄されているというのでなければいいのですが。
米国向けの自動車や自動車部品の関税について撤廃する方針を明記する方向で最終調整していることが分かった。撤廃の時期は明示せず、米国と協議を継続する
撤廃の時期は明示せず、米国と協議を継続する。事実上の先送りとなるが、日本側は将来の関税撤廃の布石にしたい」
事実上の先送りとなるが、日本側は将来の関税撤廃の布石にしたい考えだ。
以上
 

いま話題のニュース

PR