TOP > 国際 > 再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった  :日本経済新聞

再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2019-09-25 06:48 | 日本経済新聞キャッシュ

新中国建国から70年の今秋、東京にひっそりと中国革命の真の端緒になった出来事を記念する碑が建てられた。4年間にわたった建て替え工事を経て今月、再び開業したホテルオークラの本館「The Okura T...

ツイッターのコメント(13)

ホテルオークラの地の隠れた歴史です。
再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった:日本経済新聞 中国同盟会の結成大会が開かれた正確な場所は長く謎だった。霊南坂に接しているが、大倉財閥の総帥、大倉喜八郎の大邸宅内の洋館だったのだ。
🇨🇳再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった

中国革命の本当の故郷は東京だった。いきなりそう言われても多くの日本人は面食らうだろう。辛亥革命によって清朝が倒れ共和国家の中華民国が誕生する端緒となったのが東京での政治結社「中国同盟会」の結成である。
夜学で学んだな。本国以上に中国の史料にあふれ研究も盛んな日本だけど、知る人は中国近現代史関係者くらいかな。

再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった:日本経済新聞
読んでおきたい。 / 再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった  :日本経済新聞
中国革命というから赤い革命かと思っちゃったよ。
「革命は愛」
宋美齢の名はでてきても宋慶齢の名がない。
孫文も宋家の三姉妹もみな、クリスチャンだったね。
#香港加油 ! !
台湾旅行中に「三体」「短篇集:紙の動物園」を読了後、中国・台湾近現代史をWikiりまくったので、この辺の話がとても興味深い。
>新しく開業したオークラ東京の前に建つ「中国同盟会発祥の地」と刻んだ記念碑は、ホテルの外側を通る公道・歩道に面しており、気軽に立ち寄れる

ちなみに、オークラの前ってアメリカ大使館なんですよね
(オークラの工事を撮影しようとしたら警官に声かけられた経験あり
面白かった。日本が中国の革命を助けたのは事実だし、革命の父、孫文も。ホテルに泊まったわけじゃなく、この地に大倉さんの私邸があったわけ。再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった:日本経済新聞
再開業ホテルオークラは中国革命の故郷だった:日本経済新聞
再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった
再開業ホテルオークラは中国革命の故郷だった
現代中国につながる歴史の舞台は中国ではない。現在のホテルオークラの敷地内だった。辛亥革命を導いた中国同盟会は、日本の民間人の力も借りて誕生している。
現代までつながる歴史を知ることはとても大切。

再開業ホテルオークラは中国革命の故郷だった:日本経済新聞
以上

記事本文: 再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった  :日本経済新聞

関連記事