TOP > 社会 > MaaS、新興勢が下支え 海上移動アプリやAI配車  :日本経済新聞

MaaS、新興勢が下支え 海上移動アプリやAI配車  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2019-09-23 02:06 | 日本経済新聞キャッシュ

国内で次世代移動サービス「MaaS(マース)」の実験が始まっている。スタートアップ企業が中心となっており、船など移動手段の予約から決済まで担ったり、人工知能(AI)で乗り合い車両を配車したり。観光を...

ツイッターのコメント(13)

MaaSは何のためにデータを出してもらい(目的)、どのようにデータを活用するかが大事だよね。スタートアップに期待。
ヒトの移動については、航空業界も鉄道業界もある程度は同じ問題に直面する。モノの移動はどうなるのか?
すげーどんどん広がってる
交通インフラ

フィンランドでは#交通インフラ
が進みサブスクも始めてるww

日本遅いなぁ

来年はフィンランドで体験しにいこうかな

#サブスク 新興勢が下支え
瀬戸内海のMaaS実験の交通アプリは、『ソフトウエア開発のスキームヴァージ(東京・文京)』が提供しているとのこと💡

 海上移動アプリやAI配車: 日本経済新聞
観光に照準、地域で存在感
スキームヴァージ、海上移動アプリ/未来シェア、乗り合い最適配車
「 海上移動アプリやAI配車  :日本経済新聞」( )を読んだよ
これって日本に根付くかなぁ・・
矢野経済研究所(東京・中野)は、カーシェアリングやアプリなど国内MaaS市場が30年に6兆3600億円になると試算した。18年は1千億円を切る。成長の見込まれる分野の一つがオンデマンド型の乗り合いだ。
車いらんから、カーシェアもっと普及してほしい。渋谷のキックボードという発想はなかった
なんか嬉しい。
日経のりました!
以上

記事本文: MaaS、新興勢が下支え 海上移動アプリやAI配車  :日本経済新聞

関連記事