TOP > 政治・経済 > 米産ワイン関税5~7年で撤廃へ 日米貿易交渉  :日本経済新聞

米産ワイン関税5~7年で撤廃へ 日米貿易交渉  :日本経済新聞

日米両政府は9月末に署名する見通しの貿易協定で、ワインにかかる関税を協定発効から5~7年後に撤廃する方向だ。すでにワインが無税となった日欧経済連携協定(EPA)よりは遅れるが、11カ国の環太平洋経済...

ツイッターのコメント(27)

どんだけ安くなろうが 米産ワイン🍷は不買なんでよろしく。😎
➡️
TPP協定では8年で撤廃だったので、5~7年はほぼTPP水準(TPP発効から2-3年後を想定するので)。そこまで米国に譲る必要が?しかもこうした個別情報がバラバラと政府から漏れてくるのもTPPと同じ。全体像は今も明確に語られない。
記事には以下の米国向け関税の削減が
・米国産ワイン5~7年後に撤廃
・米国産牛肉38.5%を、段階的に9%に
現在は米国産は13%近くとやや不利(チリ産は0,豪産は3.8%)なので、下げるのは仕方ないか。それにしても、牛肉の下げ方がすごい。。
ワインが無税となった日欧経済連携協定(EPA)よりは遅れるが、11カ国の環太平洋経済連携協定(TPP)とほぼ同時期に撤廃となる。米国産ワインの日本での流通価格は1割ほど下がる見込みで、消費者の選択肢が増える。
「すでにワインが無税となった日欧経済連携協定(EPA)よりは遅れるが、11カ国の環太平洋経済連携協定(TPP)とほぼ同時期に撤廃となる」/ 日米貿易交渉(日経)
ワインにかかる関税を撤廃。
→政府は言わないが、対米貿易交渉では明らかにTPPレベルを超えて米側に譲歩したと思われる。
全然知らなかった

すでにワインが無税となった日欧経済連携協定(EPA)
これでナパのワインもようやく安く…
やっとだね。今やワインといえばカリフォルニア/
牛肉の関税も下がるので、
肉が食卓に並ぶ頻度が増えることが予測されますね。
チーズも安くなるし、、あれ?もはや日本の食卓は洋食になるのかも。笑
これは大きい。安いワインなら価格が1から2割変わるくらい影響ある。
米産ワイン関税、5~7年で撤廃へ TPP念頭
2018年の輸入ワイン実績で6%のシェア。撤廃によって1割くらい流通価格が下がるらしい。
米産ワイン飲んだことないから味は気になるところ。あとはコスパの問題かな。
消費者としてはいい傾向。

カリフォルニアワインはワインの入り口としてもおすすめの産地。
何より開けてすぐ楽しめるのが、時間の経過と共に楽しむフランスワインとは違うところ。

...
アメリカ産のワインかー。美味しいイメージ無いけどどうなんだろう。中にはイケるのもあるんだろうけど>
米産ワイン関税、5~7年で撤廃へ TPP念頭 日米貿易交渉:朝刊1面から
ありがてー

しかしあれだな、チリワインって美味くて安くて隙がないんだけど完全に後発なのに今では日本の輸入シェアNo.1ってことで、全てのベンチャーはチリワインに学ぶべきなのかもしれない
ソノマのワインが好きなので率直に嬉しいと思う反面、一瞬日本ワインのことが頭をよぎる…!
ナパなど美味なワインが安価になるのは素直に嬉しいですね。
ワインにかかる関税を5年〜7年かけて撤廃するとのこと。これでカリフォルニアワインも少しだけ安くなる。
〜関税撤廃で先行したチリ産はすっかり定着。米国産(ほぼカリフォルニアでしょうが)のシェアは6%にとどまっている
以上
 

いま話題のニュース

PR