TOP > 社会 > 東電、送電投資の抑制響く 停電復旧13日以降に  :日本経済新聞

東電、送電投資の抑制響く 停電復旧13日以降に  :日本経済新聞

93コメント 登録日時:2019-09-11 22:27 | 日本経済新聞キャッシュ

東京電力ホールディングスは11日夜、台風15号による大規模停電の全面復旧は13日以降になる見通しだと発表した。なお約40万軒が停電している。送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした...

Twitterのコメント(93)

東電、黒字だったのは送電投資の抑制してたからなのか。
マジこいつら電気事業者として、失格じゃないですかね。
停電の長期化にはこんな背景もあったのか。電力会社の発送電分離化は話題にもなってないな…
古い電柱をそのまま使っていたから被害が甚大なものに?(-"-;)
『災害が起こらなければ』問題なかったんでしょうけど。
耐用年数を過ぎた原発を延長して使い続ける事も同じ事が言えるような。
こちらの被害は計り知れない(>_<)
『想定外』は許されない😡
東電パワーグリッドは東電グループから分離して上場すべき。株式の売却で国に返金すること。福島廃炉の財務リスクを遮断する。北海道電力や東北電力と送配電事業を統合し、送配電網の更新投資に専念すること。
ない袖は振れないものね…
@mohejii85 @kyodo_official その通りです。

>送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない。
命をあずかる公共インフラに「想定外」は通用しない。台風の威力が増していることは周知の事実。

「老朽電柱に想定外強風」
送電設備の刷新にかかる費用を原発事故にまわしてたと。
さらにそれを後押ししたのが記事のこの部分だな。
「  :日本経済新聞」( )を読んだよ
東電の経営の健全性の維持について議論が必要だ。
原発事故のツケが回ってきたか…
それでも「原発は安い」と言えますか?
台風15号による大規模停電の一因は、老朽化した電柱の倒壊。
原発事故で経営が厳しくなった東京電力が、送電関連の設備投資を抑えた結果、倒壊が増えた可能性。
⬇️
送電線鉄塔の倒壊は毎年起こっているようにも聞いているが、設計強度には問題ないだろうか?数の多い送電線鉄塔はコスト削減のため通信用鉄塔より設計強度が低いのでは?そう言えば適用基準が違うような。
全く酷い記事。「可能性は否めない」程度のことで根拠なくここまで叩くか。勿論鉄塔や電柱の強度についてはいずれ検証されるべきだけど、記事中にも経産省令の設計基準を上回る風速だったとあるし、大規模な倒木や土砂崩れや飛来物なんかは東電の設備投資で防ぎようがない。
@kiori128 国がライフラインに投資していれば
”東電は送電や配電設備に1991年には約9千億円を投じていたが、2015年には約2千億円にとどまっている。耐久性があると判断した電柱への投資を先延ばししてやりくりした結果だ。”
> 東日本大震災の原発事故で経営が厳しくなった東電が送電関連の設備投資を抑えたこと

社会インフラを必要以上に叩けば、いずれ自分に帰ってくる。
現場の東電技術者はメッチャ頑張ってる!!だけど、会社が公共インフラに投資をしなかったら、いくら現場の技術者が頑張っても無理だろ?? 原発には湯水のように金使うんだろ??
>送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない。
20年前くらいから、定期的に交換していたものを、定期点検して規定値以下を交換する形式にしてんじゃねーかなーって。
まあほぼ予想通りのことが書いてある。
「設備投資を1991年に約9千億円だったのが2015年に約2千億円へ抑えたのは原発事故による経営悪化(部分引用)」
この資料で設備投資抑制と原発事故を関連付けるのは無理矢理じゃない?
2000年代の資料が欲しいね。
千葉停電の要因のひとつに、

電柱老朽化の可能性が。

ふーん、ケチったのか、資金に余裕がないのか、電線を埋める無電柱化を怠ったのか?

うーむ、防災にゃあ、金がかかって、課題が多いもんですな。
「送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない。」(キリッ)

とか言ってるが、日本の災害時のインフラ復旧速度が異常なんやで。それに見合う対価を払っているのか?
山の中にある倒れた送電線の復旧って時間かかりそう。
ちゅうか、あの土台のコンクリートと水ははどこから運ぶの?送電線や鉄筋も森の中からは無理だと思うんだけど、もしかしてヘリ?知ってる人教えて欲しい。
停電の内訳が一部見えた "千葉県君津市では高さ40メートル以上ある送電線の鉄塔2基も倒壊した。これが約10万軒の停電につながり、復旧の見通しが立っていない" /
全くの予断でタイトルを飛ばすTHE NIKKEI、平常運転。→
"東電は送電や配電設備に1991年には約9千億円を投じていたが、2015年には約2千億円にとどまっている"
最大瞬間風速60m/sという想定外の風が吹いたら、いくら予算をケチらなくても倒れていたと思うぞ。
「発電・送電分離が2020年4月までに行われる」とあるので、それまで設備更新を先延ばしにしようとしたのかもしれないな。
確定ではないみたいですけど、設備投資の抑制、つまりお金をケチったから今回の事象が起きてるんだとしたら酷い話ですね…。
千葉の台風災害による大停電と復旧の遅れは、発送電分離などの一連の電力会社いじめが原因の一つとの指摘が出てる。
東電は、電力収入の落ち込みなどのため、送電設備への投資8千億円が2千億円へ減少。
《設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性》日本の現状が詰まってる感じ…不測の事態への備えは極限までカットし、設備と人材を使い尽くす。「悪いことは起きない」の祈りで回ってる世界。
発送電分離・電力自由化の負の側面が出た形か。
千葉県の長期停電の理由
「送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない」
→要は東電が動かぬ原発に金出して、それ以外を削ったから?
「送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない」のか…。
東電に限らず災害とかもしもに備えての投資が必要よね
東京電力の株主、役員、銀行は東日本大震災の原発事故で何ら重大な責任を取っていません

東京電力の平均給与は大震災後も高額
それなのに「災害対策で東電の見込みの甘さ」ですか

なんだか釈然としません
やっぱり。そうなんじゃないかと思っていたが。。→「東日本大震災の原発事故で経営が厳しくなった東電が送電関連の設備投資を抑えたことだ」
″ 送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない。また、初動の甘さによる作業の遅れも指摘されている。″
有料記事です。
@KentaroOnizuka そう。利益が再投資されない(需要が無い)ことが問題なのです。だから最初に需要を政府が作らないといけない。今回も電力被害が出ましたが、十分な設備投資してなかったのが原因と報道もあります。
電柱の老朽化など送電設備への投資抑制が主因だが、諸悪の根源は電力各社が抱える原発の安全対策費が膨らんだせいである。負の連鎖が招いた人災ではないか。組閣を先送りしなかった判断も問われるべきだ。
うちの地元では震災以降ぱっと見でわかるくらいに傾いてる電柱が目立って危ないなと思ってた。そのうち地中化するからかと思ってたけど単純に放置だったわけで。もうこれは人災でしょ。
★送電投資 91年約9千億円⇒15年約2千億円。「電力各社は自社が抱える原子力発電所の安全対策費が膨らむという事情も抱える」とさらっと述べているが、『原発やめて災害対策費を増やせ』と要求すべき。
エネルギーなんて安けりゃ良いとか、原発の責任を問うとか、東電含めた電力会社を虐めまくった結果。JR西日本の尼崎事故も同じ。日本人はなぜ天唾的な考えを改められないのか。インフラは安定が最重要。
天災、地震国家日本。日本こそ電柱、本当に考えなければならない。/
新品でも想定風速のキャパを越えれば倒れるんじゃないのかな?
産経の記事は読んでいないが、やはり、復旧の遅延は大人の事情が絡んでる。
千葉などの長時間停電は生死に関わり酷過ぎる。昔から東電は停電復旧の顧客対応が悪すぎ、電話は通じない。高給の癖に足腰が弱く現場の人がおろそかである。電事連独占の弊害。被害者は損害賠償請求して考えを変えさせよう。 東電、送電投資の抑制響く停電復旧13日以降に:
ずいぶんと大口広告主に対して控えめな報道。
「投資の抑制」じゃなくてケチって被害が大きくなったとはっきり書けよ。
東電の初期対応の遅れ、送電設備への投資は、前年比の2/9。被害の過小評価など。柏崎刈羽の再稼働への投資を辞めよ。
民主党時代の負の遺産・・・もっといろんな問題が出てくるよね
「直接的な原因は台風15号が関東地方に上陸した台風で過去最強クラスだったことだ。千葉市で最大瞬間風速57.5メートルを観測。電柱は通常、経済産業省の省令に基づき風速40メートルに耐える設計だが今回はそれ以上の強風で、多数の電柱が倒壊した。」
"東電は送電や配電設備に1991年には約9千億円を投じていたが、2015年には約2千億円にとどまっている。耐久性があると判断した電柱への投資を先延ばししてやりくりした結果だ。" "20年4月までに送電会社を別会社化" / “  :日…”
東電、 送電投資の抑制響く:日本経済新聞
 「応援対応を取り仕切った東北電力は、同社と中部電力を中心に約1070人の応援を決めた。想定以上に山間部での倒木などが多く、段階的に応援を増やし、11日には最大約2400人まで増員したが、後手に回った。」
日本はこういう災害に強い電力インフラを整備しているから、外国に比べて高い電気料金を支払っているのに、電柱がいっぱい倒れた位でブラックアウトが続くとかあり得ないでしょ?東南アジアかここは?
送電設備の老朽化が原因か? /
東京都で起きてたら小池知事が「無電柱化!!」って叫んでたんだろうな。しかしコストとの兼ね合いもありそう。


「経済産業省の省令に基づき風速40メートルに耐える設計だが今回はそれ以上の強風で、多数の電柱が倒壊」
塩害、汚損、地盤等で個別に条件異なるので仕様は統一できないと思う。鉄塔メーカーのデン◯コーポレーションさんと面談した際は、鉄塔は「一点物」と言っていた。同じように見えるけど、全部違うんだよ。
東京電力ホールディングスは、台風15号による大規模停電の全面復旧は13日以降になる見通しだと発表。なお約40万軒が停電している。送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない。初動の甘さによる作業の遅れも指摘されている。
そうか、これ人の少ない地方までコストをかけて支えてらんないという流れの表れでもあるのか。
なぜ復旧に手間取っているのか。…東日本大震災の原発事故で経営が厳しくなった東電が送電関連の設備投資を抑えたことだ。
千葉停電 : 日本経済新聞
※想定内の震度でメルトダウンした会社に何を求めてもムダ
東京電力は、福島原発の問題を抱えてから設備投資が極端にやりづらい状況下にあります。
社会インフラの根源が電気ですので、やはり対策はうって行かなければなら無いと思います。
老朽電柱に想定外強風
日本が抱える問題。
インフラの老朽化。
電柱が古く倒壊。送電が遅れている。今後もこういった問題は頻出する。支える日本人は減る一方。
今回の台風による大規模停電に発送電分離の影響が出ているのだな。それにしてもこの法的分離、どれくらい効果あるんだろう。持株会社でも親子会社でもいいって。
投資を増やさなければ(確信
やっぱ東北電と中電は応援してたけど遅れたのね。電柱投資の減少は原発処理で金がないからだから、それなら結局国策のせいじゃねーの?(´・ω・`)しらんけど
東電のケチケチ大作戦が裏目に…
東電のせいだけにするのはどうかと思うわ
「東日本大震災の原発事故で経営が厳しくなった東電が送電関連の設備投資を抑えたことだ」←震災の前から大幅に減ってたのでは。日本の電気料金はなんで高いのかと言われ、特に送配電が槍玉に挙げられてきた結果とも言える。今度は、なんでカネをケチったのかと非難されると。
1992年には約9千億円を投じていた送配電設備投資が2015年には約2千億円だそうで、投資抑制による人災。想定外の台風で逃げ切るな!
まずは復旧に集中しよう!!
送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない
停電がなかなか復旧しないのは、分かりやすくいうと、もうこの国の足腰が弱っているということだ。「インフラの弱体化」というのはこういう時に現れる。
電気事業連合会の勝野哲会長(当時、中部電力社長)は「要請が来る前に応援できるような組織が電事連にあってもいいのではないか」と指摘したが体制はあまり変わらない。
いつもの決め台詞で申し訳ないが、当たり前の所の投資を怠った結果がこれ。当たり前のことが何故できているのか? ということを忘却すればこうなる。特にインフラと呼ばれるものはね。
「東日本大震災の原発事故で経営が厳しくなった東電が送電関連の設備投資を抑えた。送電や配電設備に1991年には約9千億円、2015年には約2千億円。耐久性があると判断した電柱への投資を先延ばししてやりくりした結果」えー!そうだったの?
言っちゃったよ...
「送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない。また、初動の甘さによる作業の遅れも指摘されている。」
今回の停電は投資の問題か?
電柱や送電鉄塔を新しくしていたら起きなかったのか?
少し違うだろ
福島第一原発に通じる送電線が地震で倒壊。大事故の要因になった教訓を学んでいない東電と安倍政権。
「原発事故で経営が厳しくなった東電が送電関連の設備投資を抑えた」「3カ所の火力発電停止。大雨でボイラー故障し60万kw足りず他社から電力融通」「少子化で電力需要が縮む傾向にあり大きな投資をするのは難しい」・・台風で東電の経営にダメージも
原発が足枷

原発事故で経営が厳しくなった東電が送電関連の設備投資を抑えた。1991年には約9千億円を投じていたが2015年には約2千億円にとどまる。耐久性あると判断した電柱への投資を先延ばししてやりくり。
飛躍してるかもしれないが、原発の廃炉の二次被害が送電投資を悪くしているという論調はわかる。原発のリスクだよなぁ…。||
送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない
「千葉市で最大瞬間風速57.5メートルを観測。電柱は通常、経済産業省の省令に基づき風速40メートルに耐える設計だが今回はそれ以上の強風で、多数の電柱が倒壊した。」
停電復旧あす以降に: 日本経済新聞
そうだったのか。
発送電分離が影響していないのだろうか。
この辺りを解説している専門家はいないのかな。

日本の電力政策は、根本から見直さないとダメっぽい。
「東電は送電や配電設備に1991年には約9千億円を投じていたが、15年には約2千億円にとどまっている。耐久性があると判断した電柱への投資を先延ばししてやりくりした結果だ」 なるほど
まさか政府と東電が原発再稼働ばっかり考えて、送電網の投資をやらなかったから起きた災害なのか?

 送電投資抑制響く: 日本経済新聞
「送電関連の設備投資の抑制による電柱の老朽化が倒壊を増やした可能性は否めない。また、初動の甘さによる作業の遅れ」
以上

記事本文: 東電、送電投資の抑制響く 停電復旧13日以降に  :日本経済新聞

関連記事