千葉台風関連の記事一覧

TOP > 国際 > フリーランスは不自由? 米国で見た光と影  :日本経済新聞

フリーランスは不自由? 米国で見た光と影  :日本経済新聞

17コメント 登録日時:2019-09-12 06:47 | 日本経済新聞キャッシュ

米国のサンフランシスコ郊外に住むサラ・ゲーバー(32)は、一日の大半を人と交流する「ネットワーキング」に費やす。とにかくいろんなパーティーに顔を出すのが、米国では成功への近道だ。サラの仕事は映像づく...

Twitterのコメント(17)

自由な仕事の側面、単発での仕事を受け続けられるか?の不安との戦い。一方で、組織の中で継続した仕事をもらうけど、ちょいと不自由感がある。単純に退避させれるのではなく、両方のいいとこを取不要な働き方が今後求められるのかね。
オバマ政権で米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長を務め労働経済学の大家として知られたプリンストン大教授アラン・クルーガー。「我々はギグエコノミーを過大評価していた。…
やっぱ会社勤め×在宅副業
が本命かな🤔
クラウドワークスも時給どうなってん?っていう仕事ばっかだしなぁ...多くの人にとってフリーランスは厳しい
ギグエコノミーの担い手たち: 要するに、プロスポーツをやる時、ゴルフを選ぶか野球を選ぶか、サッカーを選ぶかという事だよね。ゴルフは個人プレーだし、野球は組織プレーでなおかつ管理職になれる可能性がある
シャア少佐から一言お願いしたい \\  米国で見た光と影(ストーリー4):日本経済新聞
おれが言いたいのは最後のマデリンさんと同じで、会社員よりフリーランスが楽なんてことはないよ?
マネジメント能力の問題でもあるし… →
米国で見た光と影(ストーリー4):日本経済新聞

フリーランスの権利も守られるようにならないとね!
米国はギグエコノミーが盛んな国だ。終身雇用や年功序列の慣行がない米国は、自由に働くギグエコノミーの担い手も生まれやすい。
だが、現実には担い手によって明暗が分かれている。分かれ目は仕事が単純労働か、そうでないかだ。
ギグエコノミーの担い手たち: 日本経済新聞
フリーランスと企業勤めに関する記事。
どちらにおいても肝心なのは仕事もプライベートも安心して思いきり働けるかどうかということ🤘🏼
ギグワーカーを従業員として扱わせる法案成立はポジティブだな。日本のギグワーク企業でもそのうちそういう潮流になるかな。
フリーランスでも仕組みを作る側と使われる側の構図は変わらない。

米労働統計局の18年の発表によると、全就業者の6.9%にあたる1060万人が独立したフリーランス(請負労働者)として働く。
日本の話じゃないけど、こんな記事ありました
ギグワーカーって語初めて知ったけど、フリーランスと同義?!(文中に両方の語があるから使い分けあるのかな、、わからん、、
「我々はギグエコノミーを過大評価していた」 日本経済新聞
以上

記事本文: フリーランスは不自由? 米国で見た光と影  :日本経済新聞

関連記事