TOP > 政治・経済 > 収益は月2000万 すご腕サラリーマン大家の投資戦略  :日本経済新聞

収益は月2000万 すご腕サラリーマン大家の投資戦略  :日本経済新聞

日銀の異次元緩和であふれた投資マネーはあらゆる金融商品の価格を押し上げている。端的なのが不動産市場だ。東京などの大都市やリゾート地では物件の利回りが低下(価格は上昇)。調達金利の低さもあいまって、大...

ツイッターのコメント(14)

やっぱ金融リテラシーは大事。
借金=悪いものではない。
[RE]  すご腕サラリーマン大家の投資戦略
「過去5年ほどサラリーマン投資家には天国とも言える状況が続いたが、金融庁の指導もあり、金融機関は個人*に対する融資を絞り気味だ。法定耐用年数を超えた物件への融資も出づらくなって」いる
凄い判断力だと思います。ここまで大きな決断はできませんが、将来的に割安になった何らかの資産に、リスク許容範囲内で投資したいと思います。
私も大家してるので、気になる記事でした^ ^
元も子もない事言うけど、大きく成功した人はリーマンショック前に準備してしっかりお金を持っていた人が大半なきがする・・・。ここ2−3年で入った人は苦戦中?あれ??俺は・・・w笑
金融出身は、いやですわ。
此れはフラグなのか、、

■1億円で購入した雑居ビルを3億円で転売

河津氏の投資実績はサラリーマン投資家の域を超えている。保有する物件から上がる賃料は凡そ月2千万円。様々な経費を差し引いた利益は500万~600万円。バイ&ホールドで賃料収入を得るのが基本戦略だが転売も
タイミング狙って当たったね~。融資担当だからその辺の知識とかも正確だろうし、強い人はいいなぁ。
いい記事。

 すご腕サラリーマン大家の投資戦略: 日本経済新聞
外国人の次は高齢者や独居、入居資格にスコアリングが関与してくるとなると健康という観点は無視できないので、その測定の客観
不動産投資流行ってますけど、個人でやるのほんま実りがない。不動産会社挟んでも1億の物件なら最低1000万は抜かれてますから。ましてや、今金額高くて利回り低い。最悪。
役所勤め時代、わたしはこのような人の数人と出逢っている。 投資規模はそれぞれだったが、彼らは非常に勉強熱心で、わたし自身もとても勉強になった。
サラリーマンも給料だけをアテにしている人だけではない。
正しいですね。 すご腕サラリーマン大家の投資戦略: 日本経済新聞
現役銀行員???
以上
 

いま話題のニュース

PR