社会の分断映す芸術祭 あいちトリエンナーレ2019  :日本経済新聞

「あいちトリエンナーレ2019」が愛知芸術文化センターなどを中心に開催されている。作品の内容をめぐる激しい抗議にさらされ、企画の一部である「表現の不自由展・その後」が開幕3日で中止された余波は今もつ

ツイッターのコメント(10)

世相映す芸術祭 あいちトリエンナーレ:日本経済新聞
引用〈「日本には、日本人は単一民族であるという幻想がある」と田中は作品の解説に記す。日本人像が多様化している現実に、社会は追いついていない〉、〈強い意向で、参加アーティストの男女比率が同数になった〉 /社会の分断映す芸術祭 あいちトリエンナーレ2019
世相映す芸術祭: テロ予告や脅迫ともとれるファクスや電話が殺到し「不自由展」が打ち切られたことに対して、芸術祭の出品作家72人が声明文を発表した。一部の作家は自作の展示を中止、あるいは内容を変更して抗議の意思を表明。日本経済新聞
日経新聞朝刊のあいトリ評を読んで、がぜん観に行きたくなっている。「社会の分断映す芸術祭 あいちトリエンナーレ2019」日本経済新聞
日経新聞は芸術作品を通じた日本人へのヘイトを「他者への共感」と感じるそうです
マスゴミの名にふさわしい

>他者への共感をもって排外主義にあらがう作品のメッセージは、この一件を契機にかえって強固になったように感じる。

 世相映す芸術祭:日本経済新聞
電子版はこちら。

社会の分断映す芸術祭 あいちトリエンナーレ2019: 日本経済新聞
表現の不自由展ばっかり取り上げられてるけど、他の展示もやってんだね。こっちももっと報道してあげれば良いのに。
世相映す芸術祭:日本経済新聞
世相映す芸術祭:
「表現の不自由展・その後」の展示中止ばかりがクローズアップされる芸術祭、「あいちトリエンナーレ2019」ですが、ほかにも現代社会の分断を映す秀作が多く展示されています。他者への共感で排外主義に抗おうとする作品群です。
以上
 
PR
PR