TOP > 政治・経済 > つみたてNISA、奨励金を非課税に 金融庁が要望  :日本経済新聞

つみたてNISA、奨励金を非課税に 金融庁が要望  :日本経済新聞

17コメント 登録日時:2019-08-20 21:55 | 日本経済新聞キャッシュ

金融庁は積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)で、企業が従業員に支給する奨励金を非課税にするよう財務省に求める。中小企業などが福利厚生の一環で支給しているが、今は給与所得として課税されて...

Twitterのコメント(17)

ほうほう。「一部の中小企業などでは従業員の資産づくりを支援するため、つみたてNISAの積立金に対して奨励金を支給している。ただ、こうした奨励金は所得税などの課税対象になる。このため金融庁は月1000円を上限に3年間の時限措置で非課税とすることを求める」
どこの会社でやってるんだろう。転職したいな。 金融庁が要望: 日本経済新聞
何でこうなるのかなー
ショボいよなー
つみたてNISA
金融庁の要望で
奨励金を非課税に

この要望が通れば
比較安定した投資活動が
助長されるので

いいニュースだね!
職場積立NISAに朗報!

米国では福利厚生で資産形成を始めるのがメジャーです。
身近な職場で積立を開始する機会を得られるのは大きいと思います。
また、積立奨励金を企業が補助出来るのも良いキッカケ作りとなるでしょう
世界の成長を家計に還元させる仕組みを持ちましょう
個人で資産形成していかないといけないよね。

つみたてNISA、企業奨励金を非課税に:日本経済新聞
老後2000万円報告書で超逆風の金融庁ですが、個人投資家の環境改善のため頑張って欲しいもの。/
つみたてNISA、企業奨励金を非課税に 金融庁が要望

>①つみたてNISAで企業が従業員に支給する奨励金を非課税
>②時限措置になっているNISAの恒久化や期限の延長

特に②は実現してほしいですね。
つみたてNISA、企業奨励金を非課税に 金融庁が要望 :朝刊経済面から
金融庁の税制改正要望

1.企業の支給する「つみたてNISA奨励金」を月1,000円まで非課税(3年間の時限措置)

2.上場株評価時の平均株価をとる期間を2年前まで伸ばす

ええやん😃

 金融庁が要望: 日本経済新聞
確かにNISAは恒久化してほしい。ロールオーバーが悩ましいし。
つみたてNISA、企業奨励金を非課税に:日本経済新聞
中小企業などが福利厚生の一環で支給しているが、今は給与所得として課税されている。時限措置になっているNISAの恒久化も要望し、個人による長期の資産づくりを後押しする。
詳細次第では資産家マネーが動く

"上場株式の相続税の評価も見直しを求める。評価額を決めるために平均株価をとる期間を2年前まで延ばす。長期の平均と短期の平均で評価額が低いほうを選べる仕組みを求める"

 金融庁が要望:日本経済新聞
職場つみたてNISAの奨励金は5%前後なので、年間40万円積み立てて2万円の話。
NISAの枠が増えるとか、相続税非課税NISAとか、軽減税率復活とか、もっと『お、』と思える制度を提案してほしいです
以上

記事本文: つみたてNISA、奨励金を非課税に 金融庁が要望  :日本経済新聞

関連記事