TOP > 政治・経済 > 中小後継者に「お試し」支援 経産省、事業承継後押し  :日本経済新聞

中小後継者に「お試し」支援 経産省、事業承継後押し  :日本経済新聞

経済産業省は中小企業の経営者が第三者に事業を譲るのを後押しする。事業を譲り受ける人があらかじめ入社して働く期間の費用を一部補助するほか、候補者を全国から探せるデータベースを整える。事業を譲るときの税...

ツイッターのコメント(14)

事業承継する前にお試し期間を設けるってほんとに重要だと思う。
正に今、お試し期間中だけど自分はイメージど現実のすり合わせできるし、経営者にとっては後継者に能力があるか見極められるし。

 経産省、事業承継後押し
事業承継の「お試し雇用」に補助金。これで事業承継が進むとは思えず、魅力を感じない。
なりふり構わなくなってる感じ。
「経済産業省は中小企業の経営者が第三者に事業を譲るのを後押しする。事業を譲り受ける人があらかじめ入社して働く期間の費用を一部補助するほか、候補者を全国から探せるデータベースを整える。事業を譲るときの税制面の優遇も検討する」
経産省
親族以外、譲渡前の入社に助成 候補者データ整備:日本経済新聞
中小企業庁によると、中小企業の経営者のうち約245万人が2025年までに70歳を迎える。そのうち127万人は後継者が決まっていないという。廃業が増えれば、25年までに22兆円の国内総生産(GDP)が失われるとの試算もある。
後継者候補に数カ月働いてもらう場合、人件費を補助することを、政府が検討。記事にもあるように、本当に後継者なのか、線引きは難しいですが、社会人インターンが増える後押しにはなるかもしれません。
失われるはずだった伝統や技術が、特に地域において受け継がれていくことに貢献しそう。賃金だけの問題ではないので(産業の縮小、人口減少、コミュニティでの孤立、テクロノジーの進化など)、この制度を入り口に成功するストーリーが1つ生まれると、有効活用されそう。
経産省、無理してボンクラ中小企業に税金ばら撒こうとしなくて良いから黙っていてくれないかな……。
ボンクラ中小企業にばら撒くなら、就職氷河期世代にばら撒いた方がまだ有益でないか?
政府が積極的に後押ししていますね。
 経産省、事業承継後押し: 日本経済新聞
経産省:日本経済新聞
会計事務所のM&Aでまずはその事務所の従業員として勤務する事という条件をつけているケースをみましたね 確かに譲るほうとしては働き方を見たいのでしょうね
経産省 : 日本経済新聞
『お試し雇用』の人件費助成とM&A時の譲渡益税の圧縮か繰延を検討
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR