TOP > 社会 > メルカリ台頭がブックオフ潤す 消費者、手軽さに回帰  :日本経済新聞

メルカリ台頭がブックオフ潤す 消費者、手軽さに回帰  :日本経済新聞

122コメント 登録日時:2019-08-15 11:09 | 日本経済新聞キャッシュ

業績が低迷してきたブックオフグループホールディングス(GHD)が復調している。背景にあるのは宿敵でもあるフリーマーケット(フリマ)アプリ大手、メルカリからの思わぬ恩恵。中古品市場が押し広げられる一方...

Twitterのコメント(122)

これはすごい納得感ある。メルカリ出すのは面倒だからまとめてとりあえずブックオフという流れ。メルカリに比べると格安だけど。
興味深い現象。

記者の分析である「フリマアプリを使うと個人間で価格交渉をしたり、配送や梱包をしたりする。手続きを面倒と考える消費者が実店舗に戻り始めた。」というのは
違う気がする。

メルカリの促した「リサ...
→ メルカリが台頭する → ブックオフが儲かる
>
これ、心理は分かる。
メルカリ、売ったらいいなと思う持ち物はたくさんあるのだが、やり取りや梱包が面倒で、売ってない。
でも、ブックオフでは買い叩かれるんだよな。なので、要らないものが溢れて…
ネットかリアルかではなくネットもリアルも『ネットサービスが普及する中でもリアルの強みをアピールし、デジタル疲れの消費者の潜在需要を取り込むことができるかが、リアル店舗の生き残りを左右しそう』
いや、中古マーケットのパイが大きくなってるんじゃねえか?それだけ新品が売れなくなってる。
メルカリの伸びは止まってねーし。
デジタル疲れというよりかは、
・安くても良いから早く家から物を無くしたい。
っていうニーズがあるから、たくさん売るものがある時はいっぺんに売れるブックオフが選ばれる。

ブックオフもタグで商品管理したら、近くの店舗に在庫あるかネットから探せたら完全に勝てるよ。
売るときはメルカリで高値で売る
買う時はブックオフで安値で買う

メリットデメリットあるので両者をうまく使い分けするといいと思います。
ブックオフ利用して在庫持たずにメルカリで売る人が増えたからではないの?
メルカリで質問が来て答えたら、コメント消去してくださいとか、取り引きの連絡があったりとか、引き続き慣れないことにあたふた😵

今日の新聞のニュース
メルカリのデジタル疲れからブックオフが潤う
1日にしてわかった気がする
一種の揺り戻しか。
面倒くさいルールが増えているからなあ 「個人間取引の手間を嫌ってリアル店舗に回帰する消費者が増えている」
配送や値段交渉が面倒だと感じる人が、店舗に戻り始めているらしい…!
>「『メルカリ疲れ』の動きが出ている」。ブックオフGHDの堀内康隆社長は、自社を苦境に追い込む一因となったライバルの名前を挙げる
これめちゃくちゃ分かる。ブックオフ行く方が楽。
デジタル疲れってめっちゃわかる
メルカリ使ってみたけど、結局リアル店舗行ってる
分かる。買い叩かれるけど、写真撮って丁寧に説明書いて丁寧に梱包して…の流れが疲れるので、良い値段で売れそうにない限りブックオフの古着屋さんに一気に持ち込むようになりました。|
何ごともそうだけれど、振れ幅があって、ある程度適切な流れ、方向に収まっていく。デジタルとリアルを対応させるのは、違う気はするけれど。
買取サービスってなんか安く買い叩かれる感があったけど、メルカリの浸透でいくらぐらいで売れるか分かるようになってきてるというのは良いこと
中古品を売りたいけどメルカリを使うのが面倒になった人がブックオフに売りにくるようになったというのは面白い現象だw
オンライン×総合リユースの解を誰も出せてない感じするよね・・・
分かる。メルカリ使ってみようかなと思って押入れ整理したけど、メルカリでも二束三文だったので結局中古買取り店舗に持っていった /
これはわかる。
これは面白い流れ。
フリマアプリの台頭で売上低迷していたブックオフが復調しているとのこと。
要因はフリマアプリ疲れ。
梱包や発送などを面倒と思うユーザーが実店舗への売却に移行しているとのこと。
人間の考えはほんとに予測できませんね。
ブックオフIRにメルカリの名前が初登場したのは2017年6月で、今年2月まで1年半ずっと「苦しいです……メルカリのせいで……」って言い続けていたところからの“「メルカリ疲れ」の動きが出ている”発言、感慨深い /   …”
記事読めないけど、面白い現象。たしかにメルカリとかめんどくさいもの。
「デジタル疲れ」は確かにあるかも……文脈は違うけど、最近情報を探すのが面倒だから、パッケージ化された雑誌を読んでしまったりする
へぇ〜
本当かな〜

メルカリ疲れでブックオフ行くという話は、あまりイメージできないが
単純に
フリマアプリの台頭でリユース市場の拡大➡︎意識変化で、ブックオフにも流れているとかなら、なんかイメージできるな

>「『メルカリ疲れ』の動きが出ている」。ブックオフGHDの堀内康隆社長は、自社を苦境に追い込む一因となったライバルの名前を挙げる

自社の売上伸ばすために、メルカリ疲れというキャッチーな言葉使ったんだろうな。うまい
中古品市場が押し広げられる一方、商品発送など個人間取引の手間を嫌ってリアル店舗に回帰する消費者が増えている
スマートフォンの普及でリアル店舗はネット通販の攻勢にさらされてきた。しかし実店舗ならではの強みを磨いて売上高を伸ばす企業も目立つ
なぜかログインできないので、あとで読む…!
なるほど?
"中古品市場が押し広げられる一方、商品発送など個人間取引の手間を嫌ってリアル店舗に回帰する消費者が増えている。"
市場の拡大が全て
確かに、一つ一つメルカリに出して、それぞれ梱包、発送の手間がある事でなかなか気楽に売りに出せないです。
ただ、メルカリにとって次のペインポイントは見えているのでしばらくするとソリューションが見つかるように思...
一周回って面白い展開w
メルカリさん、他社まで潤してるってすごいな。経済回しまくりじゃないですか。
これメチャクチャ分かるわ~。売っても安い本などは一冊ずつ発送するのタルいので、まとめてブックオフに持って行く方が圧倒的に楽だわ。こういう揺り戻しの動きは面白いな・・・ | 消費者、手軽さに回帰:日本経済新聞
メルカリは売る手間が面倒にしか見えなくて出品したことない。じゃんぱらと駿河屋の通信買取はやるけど
リサイクルショップの実店舗を持つことの強みは今後も増してくるだろうね。アマゾンだってアメリカではリアルショップ持ってるんだしね→
買取価格、もう少し上げてくれないかなブックオフさん
送料がバカにならんからだよ。自分もハイパーバサール行ってる。
パワーとコストを天秤にかけない(考えもしない)層がメルカリにいると考えれば全て合点が行くなぁと思った。ゲームソフトなら単価高いからまだギリ分かるけど。
c2cからb2cへ。パパ活から箱ヘルへの流れが来るよ。
これは周りで良く聞きます。手間と報酬のトレードオフ。
まぁ実際相手に対する異常なまでの気遣いを考えると店舗に持ち込んだ方が安くても楽だよね、と。
ブックオフ、とレジャーファクトリー、素晴らしいです。宅配、出張買取、細かい査定におどろく。反動需要は常に。
へー面白い流れだな>

”フリマアプリを使うと個人間で価格交渉をしたり、配送や梱包をしたりする。手続きを面倒と考える消費者が実店舗に戻り始めた。”
一極集中。護送船団。右に倣え。ではなく多様性ということでしょうか。
書かれている「メルカリ疲れ」ではないでしょう。

私は、重いペットボトルの水を買うのが嫌でウオーターサーバーにしました。
メルカリが中古品の市場大きくしたけど売買のやり取りや発送など面倒だからってブクオフ使う客増えてるって面白いな。:)
「フリマアプリを使うと個人間で価格交渉をしたり、配送や梱包をしたりする。手続きを面倒と考える消費者が実店舗に戻り始めた。」
ブックオフに出すなら、自治会の廃品回収に出す方が良い。
リアルな市場経済はおもしろい
家まで取りに来てもらえて、口座に振り込んでもらえる。
ブックオフで売るのは、確かに楽です。
#税金
#経営者
#戸部
#高島町
#メルカリ
#ブックオフ
笑った。私の事じゃん。まだ売る前だけど😇
でも昨対40%で成長している実態からすると、チェネルチェンジではなく、ネットもリアルも両方成長していると見るのが適切ではないか。つまり、捨てなくなってきている。とてもいい事ではないか。
正直メルカリよりは、顔に見えるブックオフの方が重宝する。売り物にならない本も処分出来る点がいい。
一周回ってきた。そして店舗のやる気のない店員に萎えてまたネットフリマに戻ったりして。
大量処分するときは、二束三文でも良いから一括して引き取り&処分してくれるブックオフの方が楽なんだよね。変な取引相手に当たってストレス溜めたくもないし。
「中古品市場が押し広げられる一方、商品発送など個人間取引の手間を嫌ってリアル店舗に回帰する消費者が増えている。ブックオフは店舗網の拡大などの反転攻勢に動くが、復調が一過性に...」。/  消費者、手軽さに回帰:日本経済新聞
このあたりメルカリ出品者がもうちょっと商売人根性出せればブックオフの買取は下火になるんだろうけどねぇ。
「フリマアプリを使うと個人間で価格交渉をしたり、配送や梱包をしたりする。手続きを面倒と考える消費者が実店舗に戻り始めた。*19年3月期の既存店の買い取り額は前年比2.9%増と2期ぶりに増加に転じ、4~6月期も4.9%増」
>僕もめんどくさくなって引越しの時にブックオフに必要のないもの全部売りました・・。
メルカリユーザーの民度の低さを考えると分からん話ではない。
それもあるだろうけど、企業努力だと思う。。。
面白い現象。

市場が急激に拡大することで置き換え前のサービスの価値に改めて光があたるケース。

記事では一過性の可能性も指摘されてます。
フリマアプリ台頭で、リサイクル店が潰れるかと思いきや、逆に潤す事態も起きているのですね。☞
私は先にメルカリで出してダメならブックオフとかに出す感じかな。メルカリでチマチマ出すのは別に苦じゃない。個人差もあるかもね。
面倒だよね。レーザープリンターを売ろうかと思ったけど、状態書いたりするのがめんどすぎて、金払って捨てることにした…
ブックオフがオワコンだと思ったことはないし今でもよく行くんだけど、よくよく考えるとオワコン(読み終わったコンテンツ)産業の会社なのか。
「フリマアプリを使うと個人間で価格交渉をしたり、配送や梱包をしたりする。手続きを面倒と考える消費者が実店舗に戻り始めた」/
メルカリのやり取り、梱包・発送が面倒だってのはわかる>
ホンマかいな
それ、店頭に行っててよくわかる。最近買取り待ち多いし、商品の入れ替わりも早い。 -
メルカリ疲れでブックオフw
面白い流れ「ブックオフGHDの業績が上向いている」「前年同期と比べ売上高は6%増、純利益は2.9倍だった」 /
これは面白いですね
メルカリ台頭で苦戦していたブックオフが、中古市場が拡大したことで再度ニーズが上がっていると

市場が拡がればポジショニングで生き残れると
メルカリで面倒なのは、出品直後に値下げを要求するコメントが届くことですね。
>『メルカリ疲れ』の動きが出ている」。業界誌「リサイクル通信」によると、リユースの市場規模は17年の約2兆円から25年には3.2兆円に達する見込み。フリマアプリの台頭で市場が拡大し、ブックオフも売上高を伸ばす構図が浮かぶ。同時に進むのがリアルへの回帰の動きだ。
なるほどね。
いぇーい♪ヽ(´▽`)/
もっと手軽に売りたいと-思っているのか /
物によってメルカリやブックオフなどに分けてもいいね。例えば一定額の売上があるメルカリユーザーの交渉や梱包等の代理ビジネスはどうだろうか。手間の割に儲からないかな。
お金より時間が大事という価値観が広がっているから、コスパで見るとブックオフの方が手っ取り早いからね。 / (日本経済新聞)
ブックオフとメルカリ、将来的には連携すると使い勝手良さそう。OMOの先進事例にもなりえるな。
デジタル疲れ・
中古マーケットの広がりと認知度の高まりもありかと
メルカリのせいで潰れそうになってたブックオフがメルカリのおかげで復調し始めてる……
たしかに!最近Bookoffにはお世話になることが増えたなあと思ってたら、世の中的な動きだった。読む本の量が多いので、ある程度なら中古でもOKにしてるんだ。
森見さんとマハさんのは絶対新品で買うけどw
"中古品市場が押し広げられる一方、商品発送など個人間取引の手間を嫌ってリアル店舗に回帰する消費者が増えている"
→ブックオフに限らず、リユース企業は全体的に業績好調だった印象。市場全体に波及か
中古品市場が押し広げられる一方、商品発送など個人間取引の手間を嫌って、リアル店舗に回帰する消費者が増えている。
デジタル化するとアナログに回帰する現象って不思議だけどなんかわかる、ただAIが台頭して古い将棋が復権するのはよくわからん
意外!! そんな事あるんだ。
「「『メルカリ疲れ』の動きが出ている」。ブックオフGHDの堀内康隆社長は、自社を苦境に追い込む一因となったライバルの名前を挙げる。」
「『メルカリ疲れ』の動きが出ている」手間のかかるメルカリ、買いたたかれるブックオフ。使い分けるよなあ…。
消費者は賢いから上手いこと使い分けるんですな。
昨日使ったけどメリットデメリットは読み通りだった。スマフォはメルカリのがいいのかなぁ
個人で梱包・発送するのとか、価格交渉とかめんどくさい
→ ブックオフに回帰
の流れは面白いな
「メルカリ疲れ」という言葉が、
すでにあるんですね。
 
ブックオフとメルカリのどちらを選ぶかは
個人の好み(手間かお金か)。
 
いずれにせよリユース市場は今後も伸びる。
 
ところで
レンタル市場はどうなっているんでしょ?
メルカリ疲れ
って面白いな。そのうちスマホ決済疲れでSuicaに回帰ってのもあるかも。
"消費者の「デジタル疲れ」に商機を見いだす企業の動きも活発になってきた。"
わかる~w
メルカリなら高く売れるかもだけど、売れるようにキレイに写真撮ってコメント付けて売れるまで管理して発送の梱包もしなきゃいけないけど、
ブックオフなら袋にまとめて入れてドサっと持って行けば10円くらいで...
せどらー朗報!

ブックオフ業績回復!

ブックオフの取扱商品も多角化しているので、選り好みせず利益が出るものは全部仕入れていきましょう😊
メルカリの出品に係るやりとり(梱包、配送、料金交渉など)が一部消費者の手間となり、ブックオフに流れているとのこと。
記事ではデジタル疲れに触れているが、この例が該当するのかは疑問。
メルカリの影響で電子書籍の本の売上もリアル本に回帰してそう。読んで売ってメルペイでランチするサイクルになってる→

中古品市場が押し広げられる一方、商品発送など個人間取引の手間を嫌ってリアル店舗に回帰する消費者が増えている。
需要喚起したけど、メルカリの諸々コストに嫌気して、ブックオフに持ち込み。
こマ?人が嫌いだからいっつもブッコフで売ってたわ私に時代が追いついてきたな
これはデジタル疲れというより、特に「売り」の時に手間をかけたくないたいうのがあると思う。交渉とか梱包とかをしたくない層/
メルカリの方が安いことが多いから、買うことしかない僕にはメルカリの方が良いけど、確かに売り手としては梱包や価格交渉は面倒かもね。
□ブックオフ潤すリアルへの回帰

メルカリ疲れの動きが出ている

ブックオフ社長は苦境に追い込む一因のライバルの名前を挙げる

リユースの市場規模は17年の約2兆円から25年には3.2兆円に達する見込み。フリマアプリの台頭で市場拡大と同時に進むのがリアルへの回帰の動きだ
メルカリ疲れ。。
「中古品市場が押し広げられる一方、商品発送など個人間取引の手間を嫌ってリアル店舗に回帰する消費者が増えている。」

➡️『メルカリ疲れ』
わかるなあ。とにかく発送が面倒くさい「
以上

記事本文: メルカリ台頭がブックオフ潤す 消費者、手軽さに回帰  :日本経済新聞

関連記事