TOP > 国際 > 迎撃困難、ロシア製模倣か 北朝鮮の新型ミサイル (写真=共同) :日本経済新聞

迎撃困難、ロシア製模倣か 北朝鮮の新型ミサイル (写真=共同) :日本経済新聞

14コメント 登録日時:2019-07-26 21:16 | 日本経済新聞キャッシュ

【ソウル=恩地洋介】韓国軍当局者は26日、北朝鮮が25日に発射した2発の短距離弾道ミサイルを巡り、ロシア製の「イスカンデル」に酷似しているとの見方を明らかにした。通常の弾道弾とは異なる軌道で飛行する...

ツイッターのコメント(14)

@goshooot @1suribachi1 少し前はこんな事言ってたんですけどね。
今回のミサイルを迎撃する難しさの説明記事。

>>通常の弾道弾とは異なる軌道で飛行するため、捕捉や迎撃が難しい。韓国軍は2発のミサイルの飛距離を「600キロ程度」に修正した。日本を射程に収める能力を有している可能性があり、新たな脅威となる
ロシア製模倣版でも、飛ばせることは飛ばせる。
境界線近くから発射すれば、
佐世保も射程に入る可能性があるという。
とりあえずは情報を集めてもらいますかね… (・_・;

 北朝鮮の新型ミサイル: 日本経済新聞
@TeaBreakersKen @SIESTA6712 @knife9000
今回のミサイルは年中行事のミサイルではなく、ロシアで使われているミサイルの模倣らしく、ロシアから何らかの利益供与を受けている可能性があり、ゴルフバカを装いつつも情報収集くらいはする必要があるかと。本当にゴルフにうつつを抜かしていない事を祈るばかりです
何だかんだ言っても狙われてるのは南だけだからなwww
北朝鮮発射のミサイル「ロシア製に酷似」:日本経済新聞
通常の弾道弾とは異なる軌道で飛行するため、捕捉や迎撃が難しい。韓国軍は2発のミサイルの飛距離を「600キロ程度」に修正した。
コエーな。🤕
自衛隊に敵攻撃能力はあるのか。を侮るな。
北朝鮮発射のミサイル「ロシア製に酷似」:日本経済新聞
米韓はこれでも融和
こっちを報道でんかい(≧へ≦)
「韓国国防省出身の金東葉慶南大教授は「核弾頭を搭載し、ミサイル防衛網を突破できる」指摘する。最大射程については「中朝境界から発射して韓国・釜山に届く700キロで設計された可能性が高い」と分析した」
とすると、物議を醸しているイージスショアはポンコツ。
ポンコツ装備のために、住民を押しやり、多額の出費を行うということ。
これがトランプ大統領に媚を売る、植民地首相の実像。
ん、我が国の総理大臣が「安全保障上問題ない」って言い切ったミサイルですよね…
以上

記事本文: 迎撃困難、ロシア製模倣か 北朝鮮の新型ミサイル (写真=共同) :日本経済新聞