TOP > 社会 > 英語民間試験は「混乱状況」 高校が文科省に対応要望  :日本経済新聞

英語民間試験は「混乱状況」 高校が文科省に対応要望  :日本経済新聞

2020年度に始まる大学入学共通テストで、全国高等学校長協会(全高長)は文部科学省に対し25日、英語民間試験の活用への懸念を早期に解消するよう求める要望書を提出した。実施方法の確定や周知、居住地や家...

ツイッターのコメント(31)

全国高等学校長協会は、共通テストへの英語民間試験導入延期決定以前から、その導入に危機感を表明していましたね。
最大の関係者である高校と大学の先生方があまり実名出してオープンに意見交換していない現状では。関係者のサイレントマジョリティはしぶしぶでも賛成なんだろうな。
今の文科大臣は聞く耳持たんやろなぁ >
一億万歩譲って教員の負担になってもいいけど(良くないけど)、文科省の思いつきが教育全体への不信感招いていることに気がつかないのは致命的ですよ、本当に
これって、各大学が早々に宣言しておいてもいいんだよな。
受験生の皆さんご心配なく、我が大学は独自の試験をしますので民間試験の結果は採用しません、とかさ。
もう1団体離脱したらもう実施できないだろうなぁ。「英語民間試験は『混乱状況』高校が文科省に対応要望」(日本経済新聞)
過去に共通一次からセンター試験への移行の延期が為されたのなら、今回もやろうと思えば出来るのでは。
現状では、大学志望の高2生本人と周りの大人の不安感は増してきていると、話す機会毎に感じます。
要望書には「実施体制が整うまでは実施を見送るべきだ、といった声が校長から相当数上がっている」とも記載。25日に記者会見した萩原氏は「文科省にはまず、不安を解消してほしい」と述べた。
現場が悲鳴を上げているのに、柴山さんは「対応するからまってろ」という姿勢。せめて「いつまでにどれだけの情報提供の予定」くらい回答できないものか。自分が受験生だったら荒れるだろうなあ。
「次年度のことなのに、全く先が見通せないほどの混乱状況だ」「実施体制が整うまでは実施を見送るべきだ、といった声が校長から相当数上がっている」
うちの子、まさに影響ある世代。

4月から12月の結果を採用するという部分が
意味わからんと言ってるよ。

2年のうちに2級とっても
期間外だから使えないとか変なの。

混乱してるならやめてほしい…。
英検など外部試験の利用は2021年からになりそう
→ 「次年度のことなのに、全く先が見通せないほどの混乱状況だ」と訴えた。
最初からわかってたことじゃん。
うれしい。このまま廃止になれ
TOIECにはキャンセルされるわ、この期に及んで文科省がグダグダ。
共通テスト「英語民間試験の不安解消を」
高校「現場は混乱」文科省に要望書
センター試験導入の時も1年延期したのだから、今回もしっかり準備が整ってから始めて欲しい。
文科省って次から次に「改革」を打ち出して現場の仕事を増やして疲弊させて日本の教育研究の質を引き下げてる気がするよ。
共通テスト「英語民間試験の不安解消を」高校「現場は混乱」文科省に要望書:朝刊社会面から
共通テスト「英語民間試験の不安解消を」:
こうなる事、1年以上前からずっと警告してたのに、知らんふりしてたのは文科省。マスメディアも同罪。
ホントにこんなんでうまくいくのかねえ。|
文科省に対して最近文句しか出てこない…。やることは増える一方で現場は混乱ています。
”要望書には「実施体制が整うまでは実施を見送るべきだ、といった声が校長から相当数上がっている」とも記載。”
「全高長は全国の国公私立の高校や特別支援学校高等部など計約5200校の校長が会員になっている。会長を務める東京都立西高校の萩原聡校長らは25日、柴山昌彦文科相宛ての要望書を伯井美徳高等教育局長に手渡した。」
「次年度のことなのに、全く先が見通せないほどの混乱状況だ」。英語の民間試験活用を巡り、高校側が強い懸念を表明しました。文部科学省は受験生の不安解消に向け、早急な対応が求められます。
以上
 

いま話題のニュース

PR