中国の米国債保有が減少、日本との首位逆転迫る  :日本経済新聞

【ニューヨーク=後藤達也】米財務省が16日発表した5月の国際資本収支統計(季節調整前)によると、中国の米国債保有残高は1兆1101億ドル(約120兆円)となり、4月から28億ドル減った。3カ月連続の

ツイッターのコメント(26)

[米中摩擦] これは前月7月16日発表分(5月分)だが、日中の米国債保有比率が接近してきている。これは米国債売却→ドル売り・人民元買いを示唆する。つまり人民元安に伴う資本流出を警戒しているということ。
>16日発表した5月の国際資本収支統計(季節調整前)によると、中国の米国債保有残高は1兆1101億ドル(約120兆円)となり、4月から28億ドル減った。3カ月連続の減少で、2年ぶりの少なさになった。中国は米国債の最大の保有国だが、2位の日本は1兆1009億ドルと前月より369億ドル
米国債の保有を減らす中国🇨🇳 #人民元 #アメリカ #国債 #元 #金融 #マーケット
ぼくもJRA府中支店に引き出せない預金をずいぶん貯めてるけど、日本国は預けっぱなし(正確には満期に償還され、また新規に購入するエンドレス)の米国債が120兆円もある。
平たく言うと、ジャイアンに貸しっぱののび太の状態。

中国の米国債保有が減少、日本との首位逆転迫る
バカの極み。中国売却の受け皿になることでトランプに恩を売り貿易問題を大目に見て貰う算段だ。その原資は年金資金。
海外投資家は安倍政権が、これ以上日銀や年金の資金を好き放題使う事に警告を発している。
5月の国際資本収支統計。中国の米国債保有高は1兆1101億ドル。3カ月連続の減少で、日本は1兆1009億ドル、日中逆転が迫っている。人民元下落を防ぐためドル売り・人民元買い介入を続けており、原資として米国債を売っているとの指摘もある。
〜減少額自体はそう大きなものではないが、じわり米国債離れ
中国が手放し分,,日本が買い取れば良いんだろうかね,,買いすぎると,また円高圧力にもなるだろうしね,,・・・・・
ふーん。

《中国は人民元の下落を防ぐため、ドル売り・人民元買いの介入を続けているとみられており、その原資として米国債を売っているとの指摘もある。》
米国債の最大の保有国である中国が売った分を、2位の日本がある程度吸収している構図です。中国の保有減は、ドル売り、人民元買いの原資でしょうか。
 
PR
PR