TOP > 社会 > 認知症予防は「夢のまた夢」? 発症リスク診断に活路  :日本経済新聞

認知症予防は「夢のまた夢」? 発症リスク診断に活路  :日本経済新聞

14コメント 2019-07-10 03:02  日本経済新聞

「ご期待に沿えず申し訳ない」。エーザイの内藤晴夫社長は5月、決算発表の場で、期待されていたアルツハイマー型認知症薬の開発中止について陳謝した。中止を発表した3月には失望感が広がり、株価は3割下がった

ツイッターのコメント(14)

「認知症予防は「夢のまた夢」? 発症リスク診断に活路  :日本経済新聞」( )を読んだよ。
国が対策とってくれ
アルツハイマーや認知症の予防は、禁煙と運動みたいですよ〜
出来るだけ、健康維持が大切みたい!
認知症予防は「夢のまた夢」? 発症リスク診断に活路:日本経済新聞 (7/10)


#認知症
最近読んだ「半落ち」もアルツハイマーに苦しむ妻、という設定だった。
難しい病気だ。
自分の仕事は認知症はもちろん医療とはなんの関係もないが、すごく気にしている事項の一つ。
中等教育(12~14歳)の未修了者も、認知症発症のリスクが高く、研究チームは「教育を受けることで認知機能が高まると同時に健康に気を配るようになる」と説明する。 via
予防は「夢のまた夢」? 発症リスク診断に活路:朝刊1面から
世界保健機関(WHO)の認知症予防ガイドライン。「運動」と「禁煙」を「強く推奨」と --
認知症と生きる 予防は「夢のまた夢」:日経 そもそも「薬で認知症を予防する」甘ったれた根性が間違い。スポーツクラブで毎日汗を流す高齢者は、男女共に心身共に健康。「禁酒,禁煙,運動,規則正しい生活習慣」の努力を怠る怠惰な老人が、認知症の無様な姿を世に迷晒す。
認知症と生きる
予防は「夢のまた夢」?
発症リスク診断に活路
認知症予防は「夢のまた夢」? 発症リスク診断に活路: 日本経済新聞

の発症リスクの診断?認知症の最大のリスクファクターは加齢だ。85歳以上は程度の差こそあれほぼ全員が認知症だよ。認知症を減らしたいなら75歳未満で年寄りが氏ぬようにすりゃいいんですよ。
なかなか。認知症予防は「夢のまた夢」? 発症リスク診断に活路:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR