TOP > 社会 > チバニアン命名実現へ条例制定めざす 千葉県市原市  :日本経済新聞

チバニアン命名実現へ条例制定めざす 千葉県市原市  :日本経済新聞

23コメント 登録日時:2019-06-24 18:23 | 日本経済新聞キャッシュ

千葉県市原市の地層にちなんで古代の地質時代を「チバニアン」と命名する取り組みを巡り、推進派と反対派が衝突している。命名に反対する一部の研究者が地層付近の借地権を取得したため、国際学会が命名の条件とす...

Twitterのコメント(23)

真の科学者なら、反対派は研究妨害するのではなく、根拠を確かにするべく、どんどんこの研究推進するべき。研究を妨害するならエセ科学者と思われても仕方ない。
いい方向に向かっているのかな。よかったです(・∀・)
政策法務の観点からは、攻める条例案だが、疑問。第一に、規制の内容は民法上の相隣関係の拡張だが、果たして条例の守備範囲か疑問。第二に、条例案が未だ読めないが、法規の一般性の観点からの疑問。 →
土地収用法に則った条例制定か??

千葉県市原市:
>>18年12月には反対派の研究者が地元の地権者から、地層近くの土地の借地権を取得していたことが発覚
マジかよ宇奈月温泉事件じゃん。権利の濫用案件じゃん。裁判になって権利の濫用判決みれるとしたらワクワクやぞ。
調停じゃなくて条例にすんのか
チバニャン(=ΦωΦ=)
ニュースできいて「研究目的なら土地の所有者の権利を制限するなんてすごい!」と思った。なし崩しに権利を制限してゆき、気がついたら科学研究がなにより優先される国になっちゃってたりして。
他にも共通の痕跡残してる地層は発見されてないの?
調査を妨害するためにわざわざ借地権設定までするとはよほどチバニアンが認められたくないみたいね。しかし、学者なら論文で勝負しろよと言いたい。
“市は反対派の研究者や地権者に文書などで協議を呼びかけてきたが、前向きな回答はなかったという。小出市長は条例原案について「財産権は尊重すべきであり、私権制限は最低限にとどめた」と強調” / “  :日本経済新聞”
大事なことが書いてある

"地層周辺は国の天然記念物に指定され、市原市が管理権限を握っているため、地権者に対する規制が可能だと判断した。"
借地権の取得による調査阻止に対して,研究目的の立ち入りを保障する条例制定の動き。「地層周辺は国の天然記念物に指定され、市原市が管理権限を握っているため、地権者に対する規制が可能だと判断」。チバニアン問題は法学的にも興味深い展開をみせている。引き続き注視。
反対運動を展開してる暇があるなら論文を発表しろよ。
科学の場で議論すればよろしい。

>国内の別の研究者らは地層の調査データに疑義があると主張し、反対運動を展開している。
Discover(Google)から
だっさ 
千葉だっさ
こっちの方が詳しかった

「地層周辺は国の天然記念物に指定され、市原市が管理権限を握っているため、地権者に対する規制が可能だと判断した。9月の定例市議会に提案し、早期の施行をめざす」
地層周辺は国の天然記念物に指定され、市原市が管理権限を握っているため、地権者に対する規制が可能だと判断...「財産権は尊重すべきであり、私権制限は最低限にとどめた」と強調」
これで登録が進むのではあれば喜ばしくはあるものの、法的にはえらい強権的な条例にも見えるし、憲法的に大丈夫なんだろか…
地層周辺は国の天然記念物に指定され、市原市が管理権限を握っているため、地権者に対する規制が可能だと判断した。9月の定例市議会に提案し、早期の施行をめざす。
"チバニアン実現をめざす"

なんかかっこいい。賃借人の権利を条例で制限できるんだ
「地層周辺は国の天然記念物に指定され、市原市が管理権限を握っているため、地権者に対する規制が可能だと判断した」「9月の定例市議会に提案し、早期の施行をめざす」
以上

記事本文: チバニアン命名実現へ条例制定めざす 千葉県市原市  :日本経済新聞

関連記事