TOP > 社会 > 国際帝石、CO2を都市ガス原料に 国内初の事業化  :日本経済新聞

国際帝石、CO2を都市ガス原料に 国内初の事業化  :日本経済新聞

55コメント 登録日時:2019-06-18 18:18 | 日本経済新聞キャッシュ

国際石油開発帝石は、自社で排出する二酸化炭素(CO2)を都市ガスの原料として再利用する事業を始める。8月から新潟県のガス田で原料を生産し、2030年までに都市ガスの約5万世帯相当を手がける。世界的に...

Twitterのコメント(55)

これいいんじゃないかしら?可能性は無限大ね。
INPEXが、自社で発生したCO2を、
都市ガスの原料として再利用する取り組みを開始するとのこと

大企業”だから”こそ、できる取り組みもある

素敵
すげえ。二酸化炭素から都市ガス。|


日本の未来は
日本の技術で‼️
^_^

コストがポイントだろうなあ、再生エネルギーによる電力をそのまま使って100%電化を進めた方が効率はよいだろうと思うし / “  :日本経済新聞”
素晴らしい!
CO2の有効活用はますます注目されていく技術だ、日本勢も頑張って欲しい。
これは期待 / “  :日本経済新聞”
AUDIの言うところのe-Gasね。水素を作る再エネ電力は何円/kwhだと割りに合うのかな?
国際石油開発帝石は、自社で排出する二酸化炭素(CO2)を都市ガスの原料として再利用する事業を始める。8月から新潟県のガス田で原料を生産し、2030年までに都市ガスの約5万世帯相当を手がける。化石燃料を扱う石油開発
こういうのだよな
国際石油開発帝石は、自社で排出する二酸化炭素(CO2)を都市ガスの原料として再利用する事業を始める。8月から新潟県のガス田で原料をつくり、2030年までに約5万世帯相当を生産する。
現時点ではCO2と水素からメタン作って、とやると都市ガスの10倍のコストがかかるけど2030年には部品等の値段がさがって、実用化できる試算らしい!これ応援したい!
国際帝石は新潟県長岡市にある国内最大級のガス田で、CO2と水素を反応させ都市ガス原料のメタンを合成する装置を設ける
不可解な化学/太陽光エネルギーと触媒で合成?/   CO2と水素を反応させ都市ガス原料のメタンを合成する。8月から稼働しメタンをまず年約50トン生産する。21年からこのメタンを都市ガスに混ぜ、既存のガス導管経由で供給する。
コレこそイノベーションですね(´ー`)
「国際帝石、CO2を都市ガスの原料に、国内初の事業化」
「国際石油開発帝石は自社で排出するCO2を都市ガスの原料として再利用する事業を始める。地球温暖化対策につながる技術の競争力を磨き、海外のガス田でも展開する」
8月から新潟県のガス田で原料をつくり、2030年までに約5万世帯相当を生産する。世界的にCO2を再利用する技術に注目が集まっている。
「当初は通常の都市ガスと比べた生産コストが10倍になる見通し。量産効果や関連装置の値下がりを見込み、30年以降に同水準のコストに下げることをめざす。この手法でつくったメタンのCO2排出量は実質的にゼロとみなされる。」

最初はこんなもん、かな?
コレ、なんかすげーな!
@zwoelf1999

これかな?

知らんけどw
水素を水の電気分解で得るなら有望だな。ぜひ事業化に成功して欲しい。
地震誘発が取り沙汰されているCCSなんてやめてこっちが進めばいいのに→
これは、まぢですごくね?でも、そのへんに漂ってるCO2で都市ガスを生成すりわけじゃないんだよね?どっちにしてもすごいな!
他国の環境汚染を尻拭いする術を持て囃しつつ、「コスト増や利便性の低下があっても受け入れる意識を…」などといった説明には気をつけましょう。
これは要注目。CO2再利用に関しては、経産省が2030年までに実用化する計画を立て、G20のエネルギー・環境相会合で発表したばかりのはず。今後、ESG関連事業はさらに存在感を増すのでは。/
ノルウェーの政府系ファンドがこの材料の将来性を見込んで買い戻ししてくれることを祈る!
なにやらすごいな。無駄が減らせる技術の進歩ってのは良い。希望を感じる。
効率が上がれば面白い。
こマ? 地面に埋めんでもいいやん!
*CO2から天然ガスとは何でこれまで出来なかったのかね?それと日本近海のメタンハイドレートからメタンガスを抽出して燃料ガスにする事業はどうなったんだろうね?
日本は、このような環境技術で是非世界の先頭を走って欲しい。いずれは技術移転で儲けて行く時代がくるはず。
これの応用で空気中のCO2を都市ガスの原料にできないもんかな? できたら、正に空気からお金をつくることになる? 地球温暖化防止の切り札にもなりそうだし…国際帝石がんばれ!!
国際石油開発帝石は、自社で排出する二酸化炭素(CO2)を都市ガスの原料として再利用する事業を始める。8月から新潟県のガス田で原料を生産し、2030年までに都市ガスの約5万世帯相当を手がける。
※8月から新潟県のガス田で原料を生産.
なんか同じようなのアウディもやってた気がする
具体的な知恵なら日本人のもんだわな。
普及すると良いなぁ。10年先を見てやってるところに感動するよ。
CO2がなぜ燃料になるのかと思ったら、太陽光発電で作った水素と反応させてメタンにするのね。メタンなら燃える。
これはヤバい
やればできるじゃないか、コスト問題はいずれ解消できる。ガスは独占事業だからね。👉
何か凄そう。
「捨てたもんじゃ無いな。人類👍」
これはでかいニュース。
日の丸企業ガンバレー❗️
なるほどねえ。出したCO2をメタンにして燃やし、出たCO2をまた回収して・・・総量は増えないわけだ。反応させる水素を得るための電力は再生可能エネルギーから得るというサイクルが確立すれば…と、思った所で気づく。本当は全部再生可能エネルギーを使えば手っ取り早い…
こりゃリサイクルだね〜
◆国際帝石CO2を都市ガス原料に

CO2→メタンを合成し都市ガスに混ぜる

自社で排出するCO2を都市ガスの原料として再利用する事業を始める。8月から新潟県のガス田で原料を生産し30年迄に都市ガスの約5万世帯相当を手がける。世界的にCO2を再利用する技術に注目が集まっている
さすがに熱量調整があるから、CO2ゼロはできないが、おもしろい取組みですね。
自社で排出する二酸化炭素(CO2)を都市ガス原料として再利用する事業を、国際石油開発帝石が開始。水素と反応させてメタンを生産し、5万世帯相当の都市ガスを手がける計画です。
素晴らしい♪😈
以上

記事本文: 国際帝石、CO2を都市ガス原料に 国内初の事業化  :日本経済新聞

関連記事