TOP > 社会 > 世界の人口、2100年に「ゼロ成長」 国連推計  :日本経済新聞

世界の人口、2100年に「ゼロ成長」 国連推計  :日本経済新聞

21コメント 登録日時:2019-06-18 01:47 | 日本経済新聞キャッシュ

【ニューヨーク=大島有美子】国連は17日、世界の人口の増加率が2100年に「ゼロ」になるとの最新の人口推計を公表した。同推計によると、世界の人口は2100年に前年比横ばいの109億人となり、人口減の...

Twitterのコメント(21)

氷河期の次はゆるやかな集団自殺へ向かってるということ?
人間も自然の言う通りになってるんだ。
あと80年ほどで世界の人口はピークアウトする見通しで、人口増が続く発展途上国と減少する先進国の間における、経済や衛生面の格差解消も課題となる。
少子高齢化は日本が先陣を切っているけど80年後(2100年ピークアウト)には世界の人口も少子高齢化へ向かうのか(@_@;)
イメージ的には途上国を中心に無限に増加する気がしてたけど、考えたらどの国も経済発展に伴って先進国同様少子化になるわな。
世界人口が一度減り始めたら二度と増加に転じないという話も読んだな。日本を見てたらあながち間違った話でもない。
合計特殊出生率(1人の女性が生涯産むと推計される子どもの数)は20年に2.4台だが、2100年には1.9台と2.0を割り込む。出生率の低下で高齢化も進み、65歳 ...
22世紀は人口が増えない時代になるのか。色々大変そうだな。
国連推計:日本経済新聞 世界の人口は2100年に前年比横ばいの109億人となり、人口減の国・地域は6割に上る。あと80年ほどで世界の人口はピークアウト
世界人口がピークアウトした未来とはどのようなものなのか想像できない。過去そんな歴史がないし…
世界の人口増加率が2100年に「ゼロ」と国連推計( )。少子化による人口増加鈍化のトレンド。実は、世界的にも。国際政治・経済にも様々な影響が
20年の人口増加率は0.98%だが、増加ペースは徐々に緩み、2100年には0.04%とゼロ成長になる。 via
>世界の人口の増加率が2100年に「ゼロ」になるとの最新の人口推計を公表

>世界の人口は2100年に前年比横ばいの109億人となり、人口減の国・地域は6割に上る。あと80年ほどで世界の人口はピークアウト
6割の国が人口減に:日本経済新聞
2100年、109億人がピーク。それよりも国別人口で2027年にインドが中国を抜いて世界最大となるという「すぐそこの未来」の予測のほうが気になる。
ま、その頃、ワイ氏はこの世にいないけどねw
【ニューヨーク=大島有美子】国連は17日、世界の人口の増加率が2100年に「ゼロ」になるとの最新の人口推計を公表した。同推計によると、世界の人口は2100年に前年比横ばいの109億人となり、人口減の
6割の国が人口減に
この世界が楽しみ。
【109億人】 日経


2100年の人口増減率はアフリカで0.61%増だが、アジアは0.39%減、欧州で0.14%減となる。
「世界の人口は2100年に前年比横ばいの109億人となり、人口減の国・地域は6割に上る。あと80年ほどで世界の人口はピークアウトする見通し」

マット・リドレーの言うてた通りだ…ガンダムの宇宙コロニーも必要なくなるの
世界の人口の増加率が2100年に「ゼロ」になるとの最新の人口推計をが公表。
以上

記事本文: 世界の人口、2100年に「ゼロ成長」 国連推計  :日本経済新聞

関連記事