TOP > 社会 > サッポロとサントリー、軽量缶で協力 コスト減狙う  :日本経済新聞

サッポロとサントリー、軽量缶で協力 コスト減狙う  :日本経済新聞

19コメント 登録日時:2019-06-17 18:11 | 日本経済新聞キャッシュ

ビール大手が販売以外の分野で協調する動きが広がってきた。サッポロホールディングス(HD)が2022年までにビール缶を国内最軽量の缶に切り替え、サントリーホールディングスがこの軽量化技術を一部に採用す...

Twitterのコメント(19)

コスト減狙う: 日本経済新聞
おっ
熾烈なシェア争いをしているビール会社同士でこの協力はびっくりだね。

サッポロとサントリー、ビール軽量缶で協力:
コスト削減のため、サッポロの技術をサントリーが活用するとのこと。サッポロにはどんなメリットがあるんだろ。
コスト減狙う: 日本経済新聞
缶蹴りワールドカップを震撼させる
「空き缶飛び過ぎ問題」
の序曲がここに
「ビール缶で使うアルミは生産過程で大量のCO2を出すため…」おおう、知らんかった…。: コスト減狙う  :日本経済新聞
サッポロとサントリー、ビール軽量缶で協力 : 他の飲料各社や東洋製罐、ユニバーサル製罐辺りはどう出るかな
国内ビール大手が製品開発や販売以外の分野で協調する動きが広がってきた。サッポロホールディングス(HD)が2022年までに国内最軽量となるビール缶を投入し、サントリーホールディングスがこの軽量化技術を缶の一部に
…ビール軽量缶で: 煙草以上の世の中の迷惑になるアルコール毒液を世に大量にバラまきながら、「軽量缶で地球環境に優しい」のビール会社善人面。「盗んだ金を貧乏人にバラまく盗人鼠小僧の美談」と共通するものがある!
良い取り組み!これもある種のシェアリングエコノミーというのかな?ちがう?
サッポロとサントリー、ビール軽量缶で協力 CO2やコスト削減:朝刊1面から
開発コストや使う資材の量を減らし、二酸化炭素(CO2)の削減にもつなげる。ビール各社は共同輸送で手を組んできたが、軽量缶の普及でも協力する。
消費者としては、環境に良いことはウェルカムです。
好みの勝負となってきますね。
どうりで、缶から直接飲むとき、サッポロのは次の一口が軽々と進んでしまうと思っていた(嘘)
なんだかんだ言ってサッポロビール頑張っているのですけれどねぇぇ。@Dubliner’s Irish Pub Ikebukuro.
1割減ってすごい。

サントリーとサッポロ、軽量缶で協業
サントリーとサッポロ、軽量缶で協業
オイオイオイ、エサヒィスープゥードラァイ包囲網か
共同輸送で協力を始めたビール業界が、缶の軽量化でも手を組みます。サッポロが投入する国内最軽量のビール缶技術の一部を、サントリーが採用しました。
以上

記事本文: サッポロとサントリー、軽量缶で協力 コスト減狙う  :日本経済新聞

関連記事