TOP > 社会 > 仮想アイテムが高額化 100万円のデジタルドレスも  :日本経済新聞

仮想アイテムが高額化 100万円のデジタルドレスも  :日本経済新聞

45コメント 登録日時:2019-06-17 06:51 | 日本経済新聞キャッシュ

オンライン上のコミュニティーやゲームで販売されるバーチャルグッズに高額な商品が増えてきた。高級ブランドのグッチがアバター(分身)制作のスタートアップ企業と提携するなど、市場が広がりつつある。高級ブラ...

Twitterのコメント(45)

「オンライン上のコミュニティーやゲームで販売されるバーチャルグッズに高額な商品が増えてきた。高級ブランドのグッチがアバター(分身)制作のスタートアップ企業と提携するなど、市場が広がりつつある」🧐
ブロックチェーンゲーム内キャラやハウジングに使える絵画などがいずれ億を超える時代が来るかもしれないですね。
「100万円のバーチャルドレス」痺れるワードだ
すげーことになっとる
ブロックチェーンでできたデジタルのドレスが100万くらい売れたの、お金の価値観が変化している感じとか、人々がバーチャルに感情移入している感じとか人間の価値観が変化している感じでまさにすきだ
この手のニュースを見る度に
「セカンドライフという奴が昔あってなぁ…」
という感じに(笑)
VR建築も同じように仮想高級商品化できないか。プレゼンテーション以外にも建築でのVR使い道はありそう。

>実際に手に取ることはできない仮想の商品でも、ネット上で自分の画像や分身が利用することで消費者は満足を得る。
高級仮想アイテム!?
オンラインゲームが、もはやオンラインライフになっていくのですね
価値が良くわかってないけどメモ。ブロックチェーンを使って唯一無二のデジタルアイテムをゲットしてAR化して自慢する系?ドラクエソードが唯一無二のものなら買いたくなる気持ちは分かるがまだピンとこない。
その昔日本ではアバターに着せるアイテムというのが流行っていたわけだけど。。
人はさらに仮想世界への滞在時間を伸ばし、仮想世界はより発達が加速するだろう
Second Lifeにおいてもこのような商売はありますが、100万円ですか……
現在一着一千万以上の王族用ドレスが用いられていることを思うと、これからの展開が楽しみです。
ファッション業界の方はこの流れを早期にキャッチしていかないと商機を逃す。

デジタル上で終わらせず、デジタル上で売上を上げ、かつそれを広告にしてリアルで同様商品あるいは、リアルクローズに落とした商品の販売機会にしたいですね。

ゲーム市場の成長に乗りましょう
アバター用の服がここまでの価格になることは想像できませんでした。
10年20後の世界は今誰も思い描いていないかたちになっているかも。
そこにチャンスがある。
これ、めっちゃ面白いなー /
何度も言うけどここらへん見とかないと大きな魚を逃す
すごい世の中だ…。本物を見分けるのが難しくなりそうだ
周辺のビジネスが立ち上がってきた印象ある。
そういう世界になってくよね。fortniteやらapexにしろ、MLBがやってるイーサリアムでのデジタルボブルヘッドしかり🦉

2019年6月18日の朝です。
 100万円のデジタルドレスも...
@YLowsan こういう世界もあるらしい つ
これでお金稼げるようになったらウレシイ😆
memo:ついて行かねば~な世界
非モテはリソースの使い方がアホ過ぎるんですね。
The Fabricant x @dapper_labs 's digital dress is on Japanese newspaper cc @BennyGiang
このブロックチェーン上の世界初デジタルドレス買ってたのが身近な友達でびっくりしてた笑
先月東京で写真撮影してたので、そろそろ出るのかも
ゲーム内の仮想アイテム市場の成長で「ナガバーチャル(NagaVirtual)」や米ベンチャーキャピタル(VC)大手アンドリーセン・ホロウィッツが出資する「フォルテ(Forte)」といったマーケットプレースが誕生した。
仮想と現実の接合点をどう紡ぎ出すか。
既にGUCCIが参入していたのか。ブロックチェーンとの組合せで複製出来なければ価値が上がる/
ヤバい、1470万円の生首が完成する前に、世間が斗和キセキに追いついてしまう…
"ビデオゲーム内で販売される仮想アイテムの市場規模は約500億ドル相当に達しており、今後数年にわたって年6%以上成長する見通しだ。"
もったいない
金山 裕樹ともよく話すけど、ファッションビジネスの未来はここにあると思う。
原価1万円のTシャツもLVとCELINEがコラボして30枚とか限定販売すれば100万円とか値が付くかもしれない
みんながお金払ってるブランド価値もバーチャルな価値だと思うんだよね
仮想空間での消費欲が高まり、高額化かつ希少価値の高いアイテムが増えていく。そして高級アイテムのターゲット顧客は高所得者ではなく、むしろヒップホップやストリートに影響された人向けになりつつあることが面白い進化。

 100万円のデジタルドレスも
トークン×ブランド
こういうことが起こり始めてますね!!
VRの指数関数的成長がもうすぐそこまで来てるかも?
ARグラスになると同じことが言える。
フィルターや、バーチャルコスチュームが今のLINEスタンプ以上に表現手段?アイデンティティになる!
バーチャルファッションビジネスはすでに生まれてる
VRが普及すると、人は多くの時間をリアルではなくバーチャルで過ごすようになる。服などもバーチャルでの支出が増える。そのバーチャルなアイテムがブロックチェーン上にあって唯一性が担保されると希少性が生まれて価値がつく。新しい経済圏がバーチャル上に生まれてくる!
これは凄い
読んだけどイメージがあまりできないw/「ナガバーチャル(NagaVirtual)」や米ベンチャーキャピタル(VC)大手アンドリーセン・ホロウィッツが出資する「フォルテ(Forte)」といったマーケットプレースが誕生したように、仮想グッズを手掛けるネット通販が台頭するチャンス
バーチャルインフルエンサー!!
100万円の実物の服でも論外なのに、バーチャルドレスに100万円ですか?
オンライン決済が高額化していくと、電子マネー詐欺の被害額も高額化が懸念されます。
バーチャルパーティの会社に投資するか
以上

記事本文: 仮想アイテムが高額化 100万円のデジタルドレスも  :日本経済新聞

関連記事