TOP > 社会 > 介護施設 高齢者が「助手」 掃除や配膳、職員に余力  :日本経済新聞

介護施設 高齢者が「助手」 掃除や配膳、職員に余力  :日本経済新聞

49コメント 2019-06-07 12:33  日本経済新聞

人手不足が深刻な介護業界で、高齢者を活用する動きが全国で広がってきた。25を超える都道府県でベッドメークなど補助業務に特化した仕事を担当する「助手」として採用されている。介護福祉士など資格を持つ職員

ツイッターのコメント(49)

有資格者の余力生む:

> ベッドメークなど補助業務に特化した仕事を担当する「助手」として採用されている。介護福祉士など資格を持つ職員には本来の業務に集中してもらう狙いだ。

👦🏻同じことを保育ではできないのかな〜(関係法令は知らん)
高齢者の助手いいかもね。
でも自分はあまり介護施設で働きたくないなあと。
両親の介護で介護施設によく行ってて、介護施設の人は良くやってくれてたんだけど。その時のことを思い出したくない。
「経費削減」的思考は反対ですが、利用者さんたちの「自立と健康促進」という意味では賛成です☆彡
自分の施設は人が居ないから無資格無経験夜勤。年休取れない。希望休すらないからね~。簡単な問題じゃない。
うちにも70代の職員たくさんいるお
職場でも老老介護か…。
人口減で助手を希望する高齢者すら集まらなくなっているよ、ウチの地方は。→
役割は大事だからなぁ~😆👍
カナダで介護士をしている。掃除・洗濯は業務外。夕食のみ配膳する。新しい入居者の部屋に、その方の私服らしきものが詰まった袋が置かれて1週間。この袋を置いた人は、どういうつもり?誰かが、服をクローゼットにかけてくれるとでも。そんな誰かはいません。やってください。
前にも書いたことあるけど、介護人材が不足しているので元気なシニアを活用…『老老介護』の雇用版って感じ。
有資格者の余力生む:日本経済新聞
高齢者が低賃金で働けるのは年金があるから。
年金が無ければ低賃金では働けない。働けば年金カットなら誰も働かなくなる。
「人手不足が深刻な介護業界で、高齢者を活用する動きが全国で広がってきた。25を超える都道府県でベッドメークなど補助業務に特化した仕事を担当する「助手」として採用されている。介護福祉士など資格を持つ職員には本来の業務に集中してもらう」
レオフランマFBチームです(^^)
最近は介護助手というかたちで高齢者の方も働ける環境ができてきましたね!
未経験からでもご活躍できる環境をサポートできるよう私達も頑張ります✊
老々介護のパブリック化
北九州では75歳が90歳をロボット介護してます。
未来は暗い

 有資格者の余力生む:日本経済新聞
老老介護。お金持ちのお年寄りを貧乏なお年寄りが働いて支える。格差社会
ミイラ取りがミイラになるようなことが起きそうで怖いね。
有資格者の余力生む 配膳・ベッドメーク…25都道府県で:夕刊1面から
元気な高齢者を人手不足の介護施設で、掃除などの補助作業をして働いてもらおうという目論見ですが、年金受給との兼ね合いなど働いてもらう環境を整えれば、良いのではないかと思います。
なぜこうなったか真剣に考えろや!能無しが!!💢
「介護は2025年度まで55万人の人手確保が必要とされており、元気な高齢者の活躍が欠かせなくなった」。同世代なんで,話も合うしな。
厚生労働省の試算では25年度末に245万人が必要になる見通しで、55万人の人手が不足する。

足元でも採用に苦労しており、18年度の介護関係者の有効求人倍率は3.95倍で全職種の2.7倍に達している。
「国に先駆けて制度を始めた三重県では、導入施設で介護職員の離職率が半分以下に低下しており、介護人材の需給ギャップの縮小につながっている。」/
将来、介護老人ホームへの入居条件に際して、金銭だけでなく、介護施設等で助手として勤めた=貢献した と云う経験をポイント制みたいなものを導入する等、知恵を使えば介護士の負担減にならないかな
これ大事だと思うのよね...専門職が本来の仕事に専念できるのもそうだけど、あまり相手が若いと強がってしまったり、パシりか何かと勘違いしたりする人いるし...
低・無年金と人件費ケチりたい事情がマッチしただけだろう。
高齢者が高齢者の面倒を見る日本、世も末
政府は「健康寿命」ギリギリまで、高齢者を安く働かせる気なのね?
しかも「助手」の肩書で搾取するつもり?
-----------------
地獄絵
正直に安く雇える人がいないといえ
えっ
>人手不足が深刻な介護業界で、高齢者を活用する動きが全国で広がってきた。
老々介護の始まりですか、それをしないと成り立たなくなったのですね❓
これは実に好いんじゃないか!?
素人の高齢者を安価な労働力として使うな!と言わねば。
業務独占ではない職務内容ではないからこそ、助手の職務内容の限定は難しい。いずれ職務内容の拡大、専門職種の賃金低下への道の可能性があるぞ。
元気な高齢者はいっぱいいあるから、症状に合わせて助け合いはいいね!>>
地獄始まってきたな
ずっと提案していたことの一部だけど・・・どんどん進めてほしいです。
おじいちゃん、おばあちゃんは、「役割」をもつことで元気になります。
できれば・・・会話するだけのヘルプとか、そういうゆるい介護ヘルプに
元気な高齢者が参加できるといいと思います!
福祉業界で常態化して久しい話題。「ニュース」として通用することに、驚きました。
ちょっと前(去年の8月)までいた。
今はもう居ない
とは言え、年金があるから安い労働力になる、って扱いは駄目だぞぉ。
老々介護 たあ、このコトでござい。
職員へのアンケートでは、直接介護より間接介護の業務負担が大きいとの声もあります。
「活用」や「活躍」ってのは便利な言葉だな
母親が同種の仕事を10年くらいやってるので、一般的なことかと思っていたら、そうでもないということか。
もう、ジジババ大国に明るい未来は無い。
これは朗報です。支える仲間が一人でも多くご一緒できますように…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR