バフェット氏との昼食会 落札者は仮想通貨の創設者 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ニューヨーク=宮本岳則】米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利の慈善オークションで、2019年の落札者が仮想通貨「トロン」創設者のジャスティン・サン氏だったことが3日明らかになっ

ツイッターのコメント(24)

日経も報じた!
日経にも

 落札者は仮想通貨の創設者: 日本経済新聞
落札者は仮想通貨の創設者:日本経済新聞
落札額は過去最高の456万7888ドル(約5億円)→無理だぁ・・
ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利の慈善オークションで、19年の落札者が仮想通貨トロン創設者のジャスティン・サン氏だったことが明らかになった。サン氏は「正しい情報と理解に基づけばバフェット氏は仮想通貨への姿勢を変えるだろう」との声明を出した。
チャリティーでの昼食会がマックだったのはブレない感じで良き。
意見変わったりしないのかな?
投資対象にはなりうると思うけど。
プロジェクトによっては。

 落札者は仮想通貨の創設者:日本経済新聞
■ 落札者は仮想通貨の創設者

ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利の慈善オークションで、2019年の落札者が仮想通貨「トロン」創設者のジャスティン・サン氏だったことが3日明らかになった。

まさかのジャスティスサン!!!笑
米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利の慈善オークションで、2019年の落札者が仮想通貨「トロン」創設者のジャスティン・サン氏だったことが3日明らかになった
仮想通貨創設者が落札:日本経済新聞
サン氏は3日、ツイッターを通じ同氏が落札者だと名乗り出た。中国・北京大出身のサン氏は28歳で、米インターネット関連企業ビットトレントの最高経営責任者(CEO)を務める。
○28歳といういう事実に目が行く件。
これさ、会食でバフェットが最近のAmazonを認めたみたいに、暗号資産を認めたら、ついに来るんじゃないですか?

 落札者は仮想通貨の創設者: 日本経済新聞
 
PR
PR