TOP > 社会 > 東武東上線、ホンダ寄居工場隣に新駅 2020年秋開業  :日本経済新聞

東武東上線、ホンダ寄居工場隣に新駅 2020年秋開業  :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2019-06-03 20:12 | 日本経済新聞キャッシュ

東武鉄道は3日、東上線の新駅を2020年秋に開業すると発表した。東武竹沢―男衾駅間で、ホンダの寄居工場(埼玉県寄居町)に隣接する位置につくる。ホンダは21年度をめどに寄居工場を機能強化する方針を決め...

Twitterのコメント(11)

狭山工場からの機能移転だから川越あたりから引っ越せない人の通勤用かな?
通退勤に合わせて10両よりいまで直通させそう。
東武がホンダのために新駅を作るのかと胸熱だったが、ホンダが従業員のために作るというね

 2020年秋開業:日本経済新聞
東上線は池袋⇔小川町までで
寄居行きは別の列車に乗り換える手間が…

ラッシュ時は小川町駅がカオスになる予感…
2020年秋開業:日本経済新聞  ホンダの勤務時間がどうなってるのかは知らんが、交代勤務なら鉄道はまず使い物にならない
これ、意味あるんかなぁ
磯村建設ビジネスチャンス!
ホンダ寄居工場に隣接 東上線に新駅 - 日本経済新聞(6/4 1:49) …東武鉄道は3日、東上線の新駅を2020年秋に開業すると発表した。東武竹沢―男衾駅間で、ホンダの寄居工場(埼玉県寄居町、写真)に隣接する位置につくる…
狭山工場の従業員が異動してくる上、設置費用はホンダ持ちなのね。場所的にほぼホンダ専用駅になりそう。 ::  2020年秋開業  :日本経済新聞
2020年秋開業|日本経済新聞

東武竹沢―男衾駅間
“設置費用は未定だが、原則ホンダが負担するという。”
設置費用は未定だが、原則ホンダが負担。
東武鉄道は新駅設置に伴い、東上線沿線用地を活用して自動車から電車に乗り換えて工場に来てもらう「パークアンドライド」の促進策なども検討か。は
男衾〜東武竹沢駅間に新駅ができる。
以上

記事本文: 東武東上線、ホンダ寄居工場隣に新駅 2020年秋開業  :日本経済新聞

関連記事