TOP > 社会 > 新興勢「ネオバンク」、銀行が支援 新生銀や住信SBI  :日本経済新聞

新興勢「ネオバンク」、銀行が支援 新生銀や住信SBI  :日本経済新聞

10コメント 2019-05-31 03:41  日本経済新聞

銀行が異業種による金融サービス参入を支援する。新生銀行グループや住信SBIネット銀行は、自らは銀行免許を持たずに既存銀行の機能をスマートフォン(スマホ)に取り入れる「ネオバンク」との連携を探る。金融

ツイッターのコメント(10)

新生銀行や住信SBIが推進するネオバンクに関する記事。
金融はAPI化が進み、今後あらゆるサービスがよりシームレスに金融に繋がってくる。
LINEはチャレンジャーバンクとして自社で金融の経済圏を作っていくが、新生銀行や住信SBIはネオバンクとしての機能を提供。
もはや金融サービスの提供は金融機関には限らない時代へ。令和の間にに銀行はなくなってしまう。

銀行、「ネオバンク」と協調: 日本経済新聞
銀行、「ネオバンク」と協調:日本経済新聞
もう手段は選んでる時代じゃないよ・・
新生銀行がネオバンク参入との日経報道。銀行代理業不要が大きい。

・2020年から金融サービスの展開を計画する異業種の企業向けに「ネオバンク・プラットフォーム(基盤)」を提供
・新生傘下の信販会社アプラスがサービスを提供するため、利用企業は銀行代理業の許可が不要
バックエンドを支える金融機関がフロントエンド事業者に各金融機能を使えるようにシステムを提供するのは、ある意味金融プラットフォームとして理にかなったビジネスに思える。
新興勢「ネオバンク」、銀行が支援 新生銀や住信SBI  :日本経済新聞
銀行が異業種による金融サービス参入を支援する。新生銀行グループや住信SBIネット銀行は、自らは銀行免許を持たずに既存銀行の機能をスマートフォン(スマホ)に取り入れる「ネオバンク」との連携を探る。
金融と非金融の境界線って、近い将来0になりそう。
オープン化ではSBIが一歩先を行っているなぁ。

>銀行、「ネオバンク」と協調:日本経済新聞
銀行、「ネオバンク」と協調:日本経済新聞
銀行、「ネオバンク」と協調
スマホでの金融サービス、新生銀など収益多角化
オープンAPIの整備が後押し

:日本経済新聞
新興勢「ネオバンク」、銀行が支援 新生銀や住信SBI:日本経済新聞 新生銀行グループや住信SBIネット銀行は、自らは銀行免許を持たずに既存銀行の機能をスマートフォン(スマホ)に取り入れる「ネオバンク」との連携を探る。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR