TOP > 社会 > 旧優生保護法は「違憲」、強制不妊手術巡る訴訟で 仙台地裁 (写真=共同) :日本経済新聞

旧優生保護法は「違憲」、強制不妊手術巡る訴訟で 仙台地裁 (写真=共同) :日本経済新聞

旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県の60代と70代の女性2人が国に損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(中島基至裁判長)は28日、「旧法の規定は憲法13条に違反...

ツイッターのコメント(18)

「中島裁判長は子供を産み育てるかどうかを意思決定する権利(リプロダクティブ権)は憲法で保障される個人の基本的権利にあたると指摘」
最低3人くらい産め、と言う発言もリプロ権の侵害だよ
▶︎
違憲だけど損害賠償は時効で棄却…外から見てると仕方ないかなとなるし、この状況を救うために法律作ったんだけど金額面も国が謝罪しなかったことも当事者には納得出来ないだろうな、厳しい / “ …”
権利を、しかも命と同様に当事者の努力では二度と取り戻せない権利を一方的に奪われたことの時効が成立するとは。他者との権利関係のバランスなんだろうが、法律は難しい。
訴えが遅すぎた

旧優生保護法は「違憲」
からのこの判決ってことね。これ、国際的にも注目されそう。
旧優生保護法
本当に悲しくて、関連する記事を読むのも辛かった

やっと初めての判決が出てくれた
生身の人を「優生」と「非優生」に分けて、「非優生」とされた人達に不妊手術を強いる法律に、ようやく違憲判決が出た。
同様の訴訟は今回で7度目、原告の方々は60代と70代。本当に長い道のりだったろうなぁ。

旧優生保護法は「違憲」強制不妊手術巡る訴訟で 仙台地裁:日経
今頃、違憲判決を出すなんて裁判所の事なかれ根性極まれり、だね。司法制度も変えていかないと駄目だ。
とれたてピチピチの違憲判決
旧優生保護法は「違憲」 
 三百代言が喚いているが、賠償金額で報酬が決まろうからだろが!www だが良くぞここまで憲法違反と判決を下したものです。 裁判官の素晴らしい見識に敬意を持たざるを得ません。 これは法的には原告の勝訴と言える内容。
本件訴訟は除斥期間の起算点を動かすことは難しいだろうから、除斥期間の壁は厚いだろうな。気の毒であるが。
この記事見て「劣悪遺伝子排除法」を思い出した銀英伝ヲタ。
おお!
さすが。 >
違憲で無効の法律を根拠に人権侵害をし 20年たてば損害賠償もしない。 これが法治国家で近代国家なのか? 国家などと呼べるようなものではない
え、じゃあ名乗り出たら320万円は確実に戴けますの? でも書類残さなかったんだよね執刀医が。残念っ!
強制不妊手術巡る訴訟で賠償認めず
以上
 

いま話題のニュース

PR