TOP > 社会 > 対米報復関税、6月最大25%に 中国に手詰まり感  :日本経済新聞

対米報復関税、6月最大25%に 中国に手詰まり感  :日本経済新聞

【北京=原田逸策、ニューヨーク=中山修志】中国は6月から米国への報復関税に踏み切る。液化天然ガス(LNG)など重要な品目の関税率を最大25%に引き上げて、トランプ米大統領の支持基盤を揺さぶる狙いだ。...

ツイッターのコメント(11)

「 中国に手詰まり感  :日本経済新聞」( )を読んだよ。
アメリカは全然困らない(苦笑
引用>今後は米国から輸入するサービスに報復対象を広げるとの観測もある。ハリウッド映画の上映制限、米国への旅行禁止、留学生の抑制など中国国内でいくつもの案が取り沙汰
まあ、国債を売ればいいんじゃない?しれっと
中国への減ってる輸出品が日本や欧州やら分散されて輸入を迫られる感じやろうな🤔

9割減ってる物もあるみたいやからな🤔
中国に手詰まり感: 日本経済新聞

そろそろ🇨🇳の追加景気対策が出るタイミングへ。
エンタメ、サービス、、様々な規制によって被害を受けるのは自国の民。

ハリウッド映画の上映制限、米国への旅行禁止、留学生の抑制など中国国内でいくつもの案が取り沙汰される。
貿易戦争の打撃は今のところ、米国よりも中国の方が大きいようです。自動車部品については、そっと制裁関税を引き下げました
中国に手詰まり感: 日本経済新聞
『今後は米国から輸入するサービスに報復対象を広げるとの観測もある。ハリウッド映画の上映制限、米国への旅行禁止、留学生の抑制など。』
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR