頼りは上司よりSNSの他人 若者自腹でコーチング  :日本経済新聞

悩める人に向かい、対話を通じて解決法を本人自身から引き出す「コーチング」。企業やスポーツチームが若手や選手の指導に取り入れてきた手法が今、若い人たちから熱視線を集めている。でも、何だかひと味違ってい

ツイッターのコメント(72)

組織において、上司がチョンボなら、その組織から去った方がよいとは、私は、判断するが… 上司がある意味の自分の未来であり、それが理解できないのなら… といっても組織のために、いるとは限らんか…

 若者、自腹でコーチング: 日本経済新聞
経営者や起業家には「メンター」と呼べる存在がいるケースが多いけど、これからは一般社員や主婦でもメンター、第三者視点でアドバイスくれる人はいた方がいいと思う。
コーチングによって他人の経験を買う・知れるっていうのは貴重なことだよね。
 若者自腹でコーチング:日本経済新聞
たまたま選んだコーチが、この方、まさにこの場所でした。びっくり!
コーチングは、受ける方もする方も気になる✨
20~30代の若者に多い悩みは「何がしたいか分からない」「やりたいことが見つからない」

「会社のは一方的にアドバイスされるだけ。『こうしてみなよ』って言われるけど腹落ちはしない」

 若者自腹でコーチング(日経MJ):日本経済新聞
コーチングを受けている人って、どんな人?

 若者、自腹でコーチング: 日本経済新聞
1on1やれ、だとやり方が分からなくて機能していない、とかもありそう。コーチングのスキルをマネージャーが持つのもありだけれど。 / “  :日本経済新聞”
日経の大輔さん(@daisuke0426)
てか、、痩せてない???

 若者、自腹でコーチング: 日本経済新聞
おはようございます😃

上司の目線で話す事に限界がきてるようです‼️

今後の仕事の位置付けをどうしていくか、理解し合いながら進めていかないといけません☝️

  :日本経済新聞
コーチング……カックさんやん……と思いながら見てたら、こばかなさんが出てきて驚いた/メンターを探すmentaは知ってるけど、mentoってサービスもあるの? / “  :日本経済新聞”
 
PR
PR