TOP > 社会 > 中小企業からの知財吸い取り悪質に 公取委が実態調査  :日本経済新聞

中小企業からの知財吸い取り悪質に 公取委が実態調査  :日本経済新聞

82コメント 2019-05-17 04:57  日本経済新聞

中小企業の特許やノウハウなどの知的財産が大企業に奪われる問題が深刻になってきた。製造業から小売り・サービスなどに業種が広がり、手口も巧妙だ。日本の技術革新を支える中小企業の知財を守るため、国も知財関

ツイッターのコメント(82)

(弁護士=法律家足りない問題)「中小企業がチェックしきれないような抜け穴を契約書につくり、大企業が技術を合法的に奪う事例も出てきた」(日本商工会議所) /
極端な話システム開発の客先常駐で、大手の社員として中小零細の社員が入って仕事をしているのは、やすやす知財を奪われている行為なんだぜ
“最近では「中小企業がチェックしきれないような抜け穴を契約書につくり、大企業が技術を合法的に奪う事例も出てきた」(日本商工会議所)” /
ひでぇなぁ。
職業倫理とかそれ以前に、やってて平常心を保てる方が逆にすごいわ。。。
中小企業も自力で発明なり商品開発して頑張れとかいうけど、肝心のクソ大企業さまがこんな調子だから賃金上げらんねえんだろうが。経団連は分かってて言ってるよな? ん?
大資本以外生きてけない世界に近づいておるのう…… /
委託においても、共同開発に近い場合もありますので、個別案件ごとに、役割分担や成果の取り扱いをきちんと協議して契約に落とし込む事が必要と考える次第です。
「中小企業がチェックしきれないような抜け穴を契約書につくり、大企業が技術を合法的に奪う事例も出てきた」(日本商工会議所) /
ようやく動き出したってところか。まぁ中小企業とかはほとんど素人が経営してるようなもんだし、問題が起きないほうがおかしい。
記事だけの情報だと大企業が一方的に悪く受け取れる。これがマスコミの怖さ。
誤って送られてきたメールに目を疑った。「いずれA社を外して量産は内製化しますが、ノウハウの蓄積が必要ですからしばらく試作品を作らせ続けましょう」 /
「中小企業がチェックしきれないような抜け穴を契約書につくり、大企業が技術を合法的に奪う事例も出てきた」
あの手この手考えるな。
大企業が中小企業の知財を奪おうとする例は確かにあるけど、逆にそこそこの大企業でも意外なぐらい法務が機能していないケース(専門でない部署が片手間にやってる等)も目にした。
中小企業も法務を強化することで、大企業と互角以上に戦えるチャンスは溢れていると感じる。
恥を知らない者が幅を利かせるいつものアレ。
>
中小企業保護のため、営業秘密なら準共有との解釈も可能だろうか/
最近大手ってどうしたんでしょう。
奪うっていうのは、欲しいからなんですよね??奪うっていうレベルで
〈中小企業の特許やノウハウなどの知的財産が大企業に奪われる問題が深刻になってきた。製造業から小売り・サービスなどに業種が広がり、手口も巧妙だ。日本の技術革新を支える中小企業の知財を守るため、国も…〉
🍎3G/3GSの背面の処理がかつて話題になりましたね
3月中旬、政府の知的財産戦略本部の委員会の席上、メンバーの東北電子産業(仙台市)の山田理恵社長はこう訴えた。「大企業から送られてきた共同研究の契約書には研究成果は全部先方の知財になる、と書かれていた」
ドイツは知財を持って高付加価値の企業が多いけど、大手に召し上げられたら単なる安売り材料にされるのかしら。
大手に負けない交渉力を。
今お手伝いしている大手企業さんでも話題になってる。
若手の皆さん、資本制システム(利潤追求至上主義)の下では、仕事の種は尽きませんよ😂
経験上、契約書をきちんと読める人は大手の法務部でも数少ないけどね。
どれだけくぐり抜けてきたか、でしょ。
単独で受注する
→軌道に乗った所で発注元の系列会社が入ってくる(立場上断れない)
→ノウハウ奪われる
→人材も奪われる
→完全撤退に追いやられる

本当にあった怖い乗っ取り話
これ下町ロケットでもやっていたな。
これ、似たようなケースを扱ったことがある。新聞ネタになるほどに流行っていたのか。
ベンチャーあるある その1
はい。大企業はヤ○ザ並みにえげつないって思って取引しましょう。
本当はあってはならないことなのに、大企業と中小企業とのパワーバランスではまかり通ってしまうから嫌だよなぁ…
中小企業からの知財吸い取り悪質に 公取委が実態調査 真相深層
「昨秋、関西の中小企業A社の担当者は製品納入先の企業から誤って送られてきたメールに目を疑った。「いずれA社を外して量産は内製化しますが、ノウハウの蓄積が必要ですからしばらく試作品を作らせ続けましょう」」

怖い。
大手半導体材料メーカーの株主は黙ってられるだろうか。
企業名が表沙汰になる頃、当該企業の株価もストップ安まで売りを浴びせられる可能性もありそう。過失によるブランド力の毀損と株価下落は を追求する格好の材料になるだけに対策が求められる。
こういうところこそ、中小企業診断士が力を発揮して、中小企業をサポートしてほしい。
リーガルテック頑張ってくれ
これイラストレーターの人でも知らずに知財渡しちゃってる人多いんじゃないかなー
「著作権は作家側帰属ですので(^^)」って言って実質的には譲渡と同じ、みたいな変な契約書を平気で送ってくる上場企業ある
中小の知財を大手が奪うことが問題視されている。優越的地位を乱用して、大手企業が中小企業のノウハウを奪う。
まあでもこういうことする大手企業って、中小企業の中の大手が多いんでは?
日本の中小企業の開発技術が評価されるようになったことを示した記事でもあるな。
契約書で知的財産権の取扱いを明確化することはすごく大事だしな… →
コンプライアンスもへったくれもあったもんじゃないな
晒上げでいいと思うよ、取引先を舐め腐った企業は
中小企業も知財の価値を認識し、取引先でも安易に渡さないという認識を持つ必要...中小企業と組んで開発するオープンイノベーションの必要性はさらに高まる。公正な知財取引の実現はその第一歩」
> 中小企業の特許やノウハウなどの知的財産が大企業に奪われる問題が深刻になってきた。

私も何例か目の当たりにしてきた。
大企業のやり方、えげつないですよ。
もっと見る (残り約32件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR