TOP > 社会 > 米ウーバー低調な発進 終値も公開価格割れ (写真=ロイター) :日本経済新聞

米ウーバー低調な発進 終値も公開価格割れ (写真=ロイター) :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2019-05-11 06:47 | 日本経済新聞キャッシュ

【ニューヨーク=宮本岳則】未上場の急成長企業「ユニコーン」の代表格だったライドシェアサービス最大手の米ウーバーテクノロジーズは10日、米ニューヨーク証券取引所に上場した。売買初日の終値は41.57ド...

Twitterのコメント(13)

なるほど。思ったよりはという感じなんですね。
ただ、蓄積したデータをうまく活かせば、新しいエコシステムを構築できる可能性もあると思うので、まだこれからだと思います。
マーク・ファーバーの危惧していた、「ユニコーン」の代表格ライドシェアサービス最大手の米ウーバーテクノロジーズ売買初日の終値は41.57ドルとなり、公開価格を8%下回った。

 終値も公開価格割れ: 日本経済新聞
→米ウーバーは『既にピークは過ぎた』と評価されているのか?
終値も公開価格割れ: 日本経済新聞

メディア騒いでも投資家はクール
ライドシェアサービスのウーバーが上場しましたね!

GAFAの次に来るのか?

個別株としてはリスク資産として魅力的に感じています。

仕込むなら早めかなぁ。
それでも8兆円という時価総額は目を見張る数字です。ユニクロやソニーを上回ります。ウーバーが体現する「シェア」「オンデマンド」「ギグ」といった潮流を軽視できません。
個人的にはPBRが1倍切ってても割高だと思う🤪
巨額の赤字を抱える #Uber の大型IPO上場ですしたが、世界中の投資家は結構冷静に見てるのですね。日本はタクシー業界団体の反対で実質 #Ubereats ぐらいでしか稼げない(涙)
〜以前は時価総額10兆円(日本円換算)を超えるとも言われたが、初値での時価総額は8兆円。リフトに続く低調な出足は、ユニコーンの上場ラッシュに暗雲
結局ユニコーン企業ってFRBの緩和政策の徒花だったかも。マネタイズ可能な有力ベンチャーは粗方GAFAなどのIT大手が買いまくってたから、そこからこぼれた残りものだし。
FB、🐜ババのよーに、パワー溜め込んで開花タイプでしょー。
歴史に残るIPOだとは思う"赤字額の大きさが投資家の懸念材料となっていた。18年10~12月期まで8四半期連続で営業赤字を計上し、19年1~3月期も損失を計上する見込みだ。シェア拡大や研究開発を優先し、費用や投資が膨らんでいる。"
売買初日の終値は41.57ドルとなり、公開価格を8%下回った。
以上

記事本文: 米ウーバー低調な発進 終値も公開価格割れ (写真=ロイター) :日本経済新聞

関連記事