TOP > 社会 > 「恐怖指数」に揺れた米国株 楽観論の反動大きく (写真=ロイター) :日本経済新聞

「恐怖指数」に揺れた米国株 楽観論の反動大きく (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ニューヨーク=後藤達也】7日の米国株市場は大幅続落した。米国が中国への関税を引き上げるとの懸念が理由だが、値動きが激しくなった背景に「VIX」と呼ばれる金融商品の影響がある。株価は下がらないという...

ツイッターのコメント(14)

株価急落の際のお馴染みの内容ですね。この記事にも「VIX先物の売り持ちが18万枚と過去最大になっていた」とだけありますが、売り持ちしているのは「投機筋」のことでしょう。前回もツイートしましたが、先物なのだから売り方がいれば反対の買い方が必ずいます。
15ヶ月前のvixショックが活かされてないとは。
どこに楽観できる判断材料があったのやら。
お気楽な投資家さんたち。

ま、長期保有のhirorisには、どのみちごさていどで関係無いけど。
ということはVIX先物ショートの損切りが終了した時点で落ち着くということか。
VIXは「恐怖指数」とも呼ばれ、株安への警戒度を示すものだ。米市場ではこの「恐怖度」もVIX先物として取引されている。「株価は当面下がらない」とみればこの先物を売り、実際に市場が落ち着いていれば利益を得られるというのがこの先物の仕組みだ。
VIX
18万枚(4月末)というショートポジションには注意が必要だが、そもそも20以下は平時の水準。異常緩和でのGoldilocks相場による不自然な安心感でリスク感性もマヒしているとしか思えない。短期先物指数はもっと顕著でリバーススプリットを繰り返してもまだ30レベル。
「値動きが激しくなった背景に「VIX」と呼ばれる金融商品の影響がある」
 (写真=ロイター) :日本経済新聞
volatility indexだよね?VIXって
恐怖指数の恐怖ってどこからきてるの??
(と、余裕で言えるようになりたい😏
2018年2月になるか
「VIX」と呼ばれる金融商品の影響がある。株価は下がらないという楽観論がまん延していた反動がやや特殊な取引を経由して株価変動を増幅させている。
VIX、先物の売り持ちが18万枚と4月末に過去最大に達していた。

7日には21強にまで上昇、たとえばVIX指数を先週100万ドル分売り立てていた投資家は60万ドルほどもの損失を抱える計算になる。
「VIX」に揺れた米国株 
懲りねえなあ(笑)
以上
 

いま話題のニュース

PR