TOP > 社会 > 池袋暴走、遺族が会見「一瞬で未来奪われた」  :日本経済新聞

池袋暴走、遺族が会見「一瞬で未来奪われた」  :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2019-04-25 02:20 | 日本経済新聞キャッシュ

東京都豊島区東池袋で乗用車が暴走した事故で、妻の松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)を失った会社員の男性(32)が24日、都内で記者会見し「たった一瞬で私たちの未来を奪われた。ただ絶望してい...

Twitterのコメント(11)

何か手を打たないと、繰り返されてしまう。
パパほんとうに頑張った会見。
涙が出てしまう。
年齢関係なく運転する人は今一度注意して、運転に自信のない人は周りや家族に相談して返納することを切に願います。
この方の心の負担が心配です。なんといっていいか、かける言葉が見当たりません。
妻と娘が居る身としては、聞くに忍びない。
同じ思いをしたら、きっと一線を越えると思う。

千葉で小3の子が亡くなった事件もあったが、
歩行者側は子供に交通安全を徹底させることしかできない。

もどかしい。
高齢者による車の暴走事故、多いですね…。

再発防止策として、高齢者自身の運転自主規制も必要ですが、それには身内のケアも重要です。

多方面から防止策をとろう。
自分に何か出来ることはないか考えよう。
池袋暴走、遺族が会見「一瞬で未来奪われた」: 日本経済新聞

飯塚幸三だけに例外的にハンムラビ法典適用しないか?👀
某TVで拝見し、ご自身の悲しみを危険運転に対する危機意識という普遍的な問題に昇華した会見だと感じた。
それなりの社会的地位をおもちであった飯塚幸三運転手の意見表明を期待する。
”暴走した"のではなく"暴走させた"だと思う。
不安がある中、運転したということは事故を起こす可能性が普段より高いことは分っていたはず。

池袋暴走、遺族が会見「一瞬で未来奪われた」  :日本経済新聞
あまりにも悲痛だ。警察はきちんとして欲しい。
やばいなコレ。自分とほぼ同じ家族構成と状況。こんなの起きたら気が狂いそうだ。この父親ほんと強い
運転免許の取得年齢下限があるから、上限があってもいいのかも。
以上

記事本文: 池袋暴走、遺族が会見「一瞬で未来奪われた」  :日本経済新聞

関連記事