TOP > 社会 > キヤノン、今期下方修正、デジカメ市場縮小で打撃  :日本経済新聞

キヤノン、今期下方修正、デジカメ市場縮小で打撃  :日本経済新聞

25コメント 2019-04-18 05:37  日本経済新聞

キヤノンは2019年12月期の業績予想を下方修正する。本業のもうけを示す連結営業利益(米国会計基準)は2700億円強と前期に比べて2割減少しそう。これまでの予想を約500億円下回る。スマートフォン(

ツイッターのコメント(25)

そこら辺のクソメーカーに比べたら利益はそこそこ出してるからみんな株買ってね( ◠‿◠ )
こういうの契約社員には響くんだよな。正社員になれない人増えるのよ。
Canon、幅広いエントリー機を大量に市場にぶっ込んで薄利多売、一部がミドルやハイエンドに移行して売れればいいや、といった従来のビジネスモデルは、少なくともカメラ市場においてはもうダメなんでしょう。
薄利多売ができるほど、そもそも市場にもー出ない。
キヤノンはデジカメ市場縮小の打撃を受け2019年12月期の決算を下方修正するようです。営業利益は2700億円強と前期に比べて2割減少し、これまでの予想より500億円下回る。業界トップの減益予想は他のメーカーにも波紋を広げそうです。
シェア常勝のキヤノンでもこうだから厳しいよなぁ…
「キヤノン、今期下方修正、デジカメ市場縮小で打撃  :日本経済新聞」( )を読んだよ。
キヤノン2割減益報道。配当は?配当は維持されるの?維持されるなら問題ない。キヤノンは「うちは減配したことがないのが誇り」っていうのをどこかで見た記憶があるからそれを信じてます。
今日の日経、キヤノン下方修正、と具体的な数字を挙げて断定しているけど、企業側が漏らしているんですかね。会社からの開示はなし。

業績観測記事の具体性が高く、実際の着地と同水準の会社は、投資対象から外す方が良いと思っている。情報管理が甘い会社なので。
キヤノンが19年12月期の業績予想を下方修正。
営業利益は2700億円強と前期比2割減。従来型予想を約500億円下回る。

スマホの機能向上によるデジカメ市場の縮小や半導体市況の悪化が打撃となる。

ただ東芝から買収した医療機器部門などは好調で、下期は増益に転じる見通し。
これで気配が売り優勢なのね
東芝の医療機部門買ったのやっぱいい買い物だったんだなあ。ついでに大井町の東芝病院も買ってくれればよかったのにな! ◇ 2019/4/18 キヤノン、デジカメ市場縮小で今期下方修正、東芝から買収した医療機器部門が好調で下期は増益へ
キヤノンは2019年12月期の業績予想を下方修正する。本業のもうけを示す連結営業利益(米国会計基準)は2700億円強と前期に比べて2割減少しそう。これまでの予想を約500億円下回る。スマートフォン(スマホ)の機能向上に
キヤノンは2019年12月期の業績予想を下方修正する。本業のもうけを示す連結営業利益(米国会計基準)は2700億円強と前期に比べて2割減少しそう。これまでの予想を約500億円下回る。
キヤノンですらこれか。
キヤノン 今12月期の営業利益を2700億円強(前3200億円)と日経観測記事 コンセンサス3221億円
もっと撮り鉄が支援しないとアカンらしいよ

キヤノン、営業益2割減 今期下方修正:
キヤノン、営業益2割減 今期下方修正 デジカメ市場縮小 :総合1面から
IRより前に出すなよ・・・。
どうなるか?
●キヤノン、下期は増益に転ずか

19年12月期業績予想を下方修正。連結営業利益(米基準)は2700億円強と前期比2割減少しそう。従来予想を約5百億円下回る。デジカメ市場縮小や半導体市況悪化が打撃。東芝から買収した医療機器部門等は好調で下期は増益に転じる見通しだ。
キヤノン、今期下方修正、デジカメ市場縮小で打撃

スマートフォン(スマホ)の機能向上によるデジタルカメラ市場の縮小や半導体市況の悪化が打撃となる。ただ東芝から買収した医療機器部門などは好調で、下期は増益に転じる見通しだ。
キヤノン、今期下方修正、デジカメ市場縮小で打撃 下期は増益転換の見込み
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR