TOP > 社会 > 離島でモダン 瀬戸内芸術祭が起爆剤、世界から注目  :日本経済新聞

離島でモダン 瀬戸内芸術祭が起爆剤、世界から注目  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2019-04-15 09:49 | 日本経済新聞キャッシュ

近代化から取り残され過疎化が進んだ島々が、瀬戸内国際芸術祭を起爆剤によみがえりつつある。世界が熱い視線を向ける離島のように磨けば光る地域資源が豊富な中四国地域には、人口減など課題先進地だからこそ宝磨...

ツイッターのコメント(13)

実は今年の一時帰国で行こうかと計画中。前回行ったのがもう6年前になってしまうんだけど、調べれば調べるほどインフラ含め色々進化してるみたいで楽しみ。
アートや遊び、スポーツ、部活など、一見仕事や勉強には繋がらなそうな者の方が障壁が低い?| 瀬戸内芸術祭が起爆剤、世界から注目:日本経済新聞
で、なんとカンボジアが5位w
(記事抜粋)
「SETOUCHI(瀬戸内)」は米旅行雑誌の英国版、ナショナル・ジオグラフィック・トラベラーが選んだ19年に行くべき国・地域の1位になった。
ピッツバーグが瀬戸内、南極に次いで「2019年に行くべき国・地域」三位だと…?(そこじゃない)
”近代化から取り残され過疎化が進んだ島々が、瀬戸内国際芸術祭を起爆剤によみがえりつつある”中四国地域には、人口減など課題先進地だからこそ宝磨きにやりがいを感じる人も多い”→離島でモダン瀬戸内芸術祭が起爆剤、世界から注目:
地元瀬戸内地方がナショナルジオグラフィックトラベラーで1位に選出されている。たしかに瀬戸内地方はコンテンツ豊富で楽しい。ただもったいないのは宿泊施設関連で、インバウンド消費の中心になってきているニューリッチ層を呼び込めるホテルが少ない。
「SETOUCHI(瀬戸内)」は米旅行雑誌の英国版、ナショナル・ジオグラフィック・トラベラーが選んだ19年に行くべき国・地域の1位になった。
豊島しか行ったことないけど確かにおすすめ観光スポット。2、3日かけないと各島回りきれないと思う。次豊島に行く時は産廃処分地の見学したいな。 /
瀬戸内芸術祭が起爆剤、世界から注目:日本経済新聞 「SETOUCHI(瀬戸内)」は米旅行雑誌の英国版、ナショナル・ジオグラフィック・トラベラーが選んだ19年に行くべき国・地域の1位になった。豊島や大三島ほか、中四国の本土側の取り組みも。
うっかりしてた!春季開催が間近!→ 瀬戸内芸術祭が起爆剤、世界から注目  :日本経済新聞
豊島、犬島、男木島、大三島……。瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)を起爆剤に、世界から「行くべき国・地域」1位に選ばれた瀬戸内。アートで個性を磨く離島の変化を追いました。
瀬戸内芸術祭が起爆剤、世界から注目:しまなみ海道のほぼ中央に位置する愛媛県今治市の大三島。ここで「日本でいちばん住みたい島にする」プロジェクトが進む。主導するのは建築家の伊東豊雄さんと私塾「伊東建築塾」 日本経済新聞
以上

記事本文: 離島でモダン 瀬戸内芸術祭が起爆剤、世界から注目  :日本経済新聞

関連記事