TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 田辺三菱、大阪・...

田辺三菱、大阪・埼玉の研究拠点閉鎖  :日本経済新聞

12コメント 登録日時:2019-04-11 15:34 | 日本経済新聞キャッシュ

田辺三菱製薬は11日、大阪市と埼玉県にある研究拠点を閉鎖すると発表した。同社は事業構造改革のために再編を進めており、両拠点はこれまでも閉鎖候補とされていた。人員は再配置し、希望退職の募集はしない。研...

Twitterのコメント(12)

「研究者の一部は武田薬品工業の産学連携施設に順次移す。」
実験機器などは大学や高専に譲渡して欲しいな~。企業としては古い分析機器などでもまだまだ使えるし。特に若手や新規に研究室をスタートする教員向けとか。→
加島も閉めるの…。そして250人しか居ないのか…。
希望退職募集なしの再配置って、かなり厳しい状況なんじゃないかな、、、
治験病院も近くに出来る?とか、
海も近くて遊びの拠点にもなるし、いいかも。。
戸田事業所や他の研究拠点の約250人の研究者を産官学連携施設「湘南ヘルスイノベーションパーク」(神奈川県藤沢市)に移す 同施設は武田薬品が18年4月に設立 <田辺三菱(+ミドリ十字)なのね。
田辺三菱製薬は11日、大阪市と埼玉県にある研究拠点を閉鎖すると発表した。同社は事業構造改革のために再編を進めており、両拠点はこれまでも閉鎖候補とされていた
田辺三菱が湘南へ入居。あすか製薬に続いて、「武田と同居する製薬」2社目になるのかなー。
戸田事業所や他の研究拠点の約250人の研究者を産官学連携施設「湘南ヘルスイノベーションパーク」(神奈川県藤沢市)に移す。同施設は武田薬品が18年4月に設立。
アンジェス!?
田辺三菱が、大阪市の加島事業所他の研究拠点を閉鎖すると発表した。同社は事業構造改革の為に再編を進めており、両拠点はこれまでも閉鎖候補とされていた。人員は再配置し、希望退職の募集はしない。研究者の一部は武田薬品工業の産学連携施設に順次移す予定。
以上

記事本文: 田辺三菱、大阪・埼玉の研究拠点閉鎖  :日本経済新聞

関連記事