TOP > 社会 > 農業ロボ、担い手不足救う アスパラ収穫や農薬散布  :日本経済新聞

農業ロボ、担い手不足救う アスパラ収穫や農薬散布  :日本経済新聞

20コメント 2019-04-08 00:55  日本経済新聞

ロボットなどの先端技術を農業に活用するスマート農業関連のスタートアップが増えている。野菜収穫用のロボットや作物の生育状況を見て農薬を散布するドローン(無人小型機)で作業効率を上げる。農業の担い手は高

ツイッターのコメント(20)

■ スタートアップ、作業効率化
・地面から突き出たアスパラガスの列の横をカゴを載せたロボットが移動し、アームを伸ばして黙々と収穫
・アスパラとキュウリ農家を対象にロボットを貸し出し、農家の野菜販売額のうち15%をサービス料としてもらう
アスパラ収穫や農薬散布

ロボットなどの先端技術を農業に活用するスマート農業関連のスタートアップが増えている。野菜収穫用のロボットや作物の生育状況を見て農薬を散布するドローン(無人小型機)で作業効率を上げる。
アスパラ収穫や農薬散布:日本経済新聞 こういうのワクワクしていいなぁ
今日の日経新聞にもナイルワークスは紹介されています🥳
農業をより良くする、いろんなスタートアップの事例も載ってます〜🤗
収穫は難しいかも知れないけど、耕運とか生産管理の点ならうまく活用できる企業が増えるかも知れない
農業=肉体労働の方程式が今後は変わるね
農家の収入15%をサービス料金として徴収するビジネススタイル。
AIやロボットやドローンの農業分野への活用アグリテック🍅🍆🥕
頑張ってください!:
収穫や農薬散布: 日本経済新聞
アスパラ収穫や農薬散布:日本経済新聞
いいね ” 収穫や農薬散布:日本経済新聞”
ロボットなどの先端技術を農業に活用するスマート農業関連のスタートアップが増加。

野菜収穫用のロボットや作物の生育状況を見て農薬を散布するドローンで作業効率を上げる。
農業の担い手は30年には半分になるとの予想の中、効率化や農家の経営規模拡大に商機を見いだす。
農業でのロボットを活用した取り組み。人手不足、働き方改革など、どう生産性や効率性を向上させるかの鍵かと。サービス業では高齢者がロボットを受け入れられるかなど課題はありそうだが、農業ならお客さんからは見えないし、力仕事・単純作業が得意なロボットと親和性高そう
最近、スマート農業はやってるなぁ
inahoさんすごいな
スピード感がすごい。これからビッグになりそう。
労働力が不足している産業でロボットへの需要が高まるのは必須。介護とともに、さらなるロボットの活用に期待。
スタートアップ、作業効率化
野菜、食べごろ収穫 果樹園、生産性2倍

:日本経済新聞
収穫や農薬散布:日本経済新聞 農業の担い手は高齢化と人口減で2030年には現在の半分になるとの予想もあるが、生産現場の効率化や農家の経営規模拡大に商機を見いだしている。
悪くないんだけど、今の規模と作業の置き換えだけになっちゃうと、農業の根本的な課題は解決できない気がする。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR