TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 金属弾、小惑星に...

金属弾、小惑星に「命中」世界初 はやぶさ2  :日本経済新聞

12コメント 登録日時:2019-04-05 17:25 | 日本経済新聞キャッシュ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、探査機「はやぶさ2」から撃ち込んだ金属弾が計画通り小惑星「りゅうぐう」の地表に衝突したと発表した。はやぶさ2から分離した遠隔カメラが小惑星から噴出物が上がる様...

Twitterのコメント(12)

日本の技術は世界を抜き去った 遠距離での操作はできた国はない 素晴らしい バンザーイ
さて、どんなクレーターになっているかな。
これまたNHKスペシャルやってほしい。
「はやぶさ2」から撃ち込んだ金属弾が「りゅうぐう」の地表に命中

りゅうぐう表面に直径数mの人工クレーターを形成し内部の岩石や砂をむき出しにして性質などを観察&採取して地球に持ち帰る『世界初』の試み

これが惑星破壊プロトンミサイルになると誰が予想しただろう😑
社畜ってる間に!
りゅうぐうに生物が居たら、UFOが来て攻撃してきたぞ!?って状態よね。
クレーター出来たのかどうか楽しみ。
リュウグウって実は異星人の乗り物なので、モノぶつけた以上は報復くるよ。

地球のみんな、Prepare for Impactな。
はやぶさ2: 日本経済新聞 すごいな。発射装置を射出して自身は隠れるのか。
すげぇ。
 はやぶさ2: 日本経済新聞
ナイスショット!
金属弾の発射と探査機の退避が成功しました。クレーター形成の詳しい成否が分かるのは4月下旬のようですが、世界の宇宙探査の歴史に残る高度で価値あるプロセスが順調に進んでいます。
金属弾、小惑星に「命中」:はやぶさ2(日経)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、探査機「はやぶさ2」から撃ち込んだ金属弾が計画通り小惑星「りゅうぐう」の地表に衝突したと発表した。はやぶさ2から分離した遠隔カメラが小惑星から噴出物が上がる様子をとらえた。
目隠しして流鏑馬するレベルとかいってたのにすごい

金属弾、小惑星に「命中」
以上

記事本文: 金属弾、小惑星に「命中」世界初 はやぶさ2  :日本経済新聞

関連記事