TOP > 社会 > 旅行者にGPS、海外でも安全に 観光庁が新システム  :日本経済新聞

旅行者にGPS、海外でも安全に 観光庁が新システム  :日本経済新聞

24コメント 2019-03-31 18:43  日本経済新聞

観光庁は海外旅行中の日本人の安全を確保する新しい仕組みを2019年度につくる。全地球測位システム(GPS)で位置を把握し、災害やテロが起きた場合に避難所まで誘導できるようにする。旅行者の安否情報を集

ツイッターのコメント(24)

観光庁は海外旅行中の日本人の安全を確保する新しい仕組みを2019年度につくる。プラットフォームには旅行会社が登録する。

【1895万人】 観光庁が新システム「旅行安全情報共有プラットフォーム」:日経
・位置情報が政府によって常に把握される?
・システム登録の作業負荷が旅行会社に及ぶが、結局個社でも安否確認するので二度手間?
・「ツアー」の定義は。
・外務省の「たびレジ」と連携なし?

公式発表はまだ無いが、さてどうなるのやら。
ビジョンに追い風
海外へ出かけた日本人の(GPS)で位置を把握して海外旅行の安全性を高めると日本政府。本当の目的は監視か。
日経の紙面によると、対象になるのは旅行会社でツアーを申し込んだ人とのこと。ひとりでふらっと海外に行っちゃう私のような者は対象外なのだね。
緊急時にスマホなどのGPSを利用して海外旅行中の日本人の位置情報を把握し、安全な場所にたどり着けるよう誘導。観光庁が「旅行安全情報共有プラットフォーム」を整備します。
GPSで海外旅行安全に
観光庁が日本人向け新システム 災害やテロ時に避難誘導

パスポートは国から借りてると考えると、パスポートに埋め込んでおけば良いかねー。世知辛いなー♪ / “  :日本経済新聞”
[日経]

・旅行安全情報共有プラットフォーム
・今年夏ごろから運用
・旅行会社で海外へのツアーを申し込んだ日本人が対象
・18年の出国日本人数は約1895万人で、うち5~6割がツアーに参加
年に一度でも避難訓練に参加している人なら、そこそこ行動できるかも、とは思うが。普段からスマホで地図アプリを使いこなしている人ならまだしも、悠長にスマホの画面を見ている暇があるなら、自分の危険察知能力を信じて行動します。 #GPS活用 #海外旅行
観光庁は海外旅行中の日本人の安全を確保する新しい仕組みを
2019年度につくる
全地球測位システム(GPS)で位置を把握し
災害やテロが起きた場合に避難所まで誘導できるようにする
「観光庁は海外旅行中の日本人の安全を確保する新しい仕組みを2019年度につくる。全地球測位システム(GPS)で位置を把握し、災害やテロが起きた場合に避難所まで誘導できるようにする。」

これ本気??
「旅行会社で海外へのツアーなど企画旅行を申し込んだ日本人が対象」
いらないというやつは
スパイか

観光庁、日本人旅行者の居場所をGPSで追跡できるシステム導入へ
特需は何処かな。

観光庁は海外旅行中の日本人の安全を確保する新しい仕組みを19年度につくる。GPSで位置を把握し災害やテロが起きた場合に避難所まで誘導できるようにする。旅行者の安否情報を集めるシステムをまず立ち上げ、誘導機能を追加する。
えー、LCCとかあっても全然アウトバウンドは増えてないのね、、、
「日本人海外旅行客、GPSで安全確保、観光庁が新システム」
「観光庁は海外旅行中の日本人の安全を確保する新しい仕組みを2019年度につくる。GPSで位置を把握し、災害やテロが起きた場合に避難所まで誘導できるようにする」
全地球測位システム(GPS)で位置を把握し、災害やテロが起きた場合に避難所まで誘導できるようにする。旅行者の安否情報を集めるシステムをまず立ち上げ、誘導機能を追加する。

>>海外からの旅人への把握欲。
これさ、もう旅行会社が自社の旅行アプリに実装していたりしないのかな?

別に国がやる必要は俺には見えないんだが。
これは行き過ぎでは。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR