TOP > 社会 > 世界の化学大手、純利益7割減 欧州・アジア苦戦  :日本経済新聞

世界の化学大手、純利益7割減 欧州・アジア苦戦  :日本経済新聞

好調だった世界の化学メーカーの業績が悪化している。2018年10~12月期は主要25社の純利益が前年同期より7割減となった。中国や欧州の景気減速で石油化学製品の需要が減少し、直近の7~9月期と比べる...

ツイッターのコメント(11)

世界主要25社10~12月 : 日本経済新聞

来週どこかで化学銘柄仕込むか
石油化学は厳しげ
世界主要25社10~12月: 日本経済新聞 化学メーカーの業績が悪化かぁ…
好調だった世界の化学メーカーの業績が悪化している。2018年10~12月期の純利益は主要25社のうち7割に当たる17社が前年同期比で減益になった。中国や欧州の景気減速で石油化学製品の需要が減少し、原料の上昇でコストもかさんでいる
世界主要25社10~12月 中国不振、原料高で 米国勢は好調維持 :投資情報面から
世界主要25社10~12月:日本経済新聞
世界の化学大手、純利益7割減 欧州・アジア苦戦 米国は好調で二極化
2019/3/20 20:30
◆好調だった世界の化学メーカーの業績が悪化

18年10~12月期は主要25社の純利益が前年同期比7割減。中国や欧州の景気減速で石油化学製品の需要が減少、直近の7~9月期と比べると8割の減益。一方で米国企業は国内向け中心に需要が好調で損益が改善、業績の二極化が進んでいる
日系はそれほど悪化してない気がする:世界の化学大手、純利益7割減 欧州・アジア苦戦:日本経済新聞
世界の化学大手、純利益7割減 欧州・アジア苦戦  2018年10~12月期は主要25社の純利益が前年同期より7割減となった。中国や欧州の景気減速で石油化学製品の需要が減少し、直近の7~9月期と比べると8割の減益だ。一方で米国企業は国内向けを中心に需要が好調で損益が改善
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR