TOP > 社会 > 東証、優良企業にマネー誘導  :日本経済新聞

東証、優良企業にマネー誘導  :日本経済新聞

21コメント 2019-03-16 02:06  日本経済新聞

東京証券取引所が1部市場の上場企業数を絞り込むのは、優良企業にマネーを誘導する狙いがある。東証1部は企業数の肥大化に歯止めがかからず、優良企業と小粒で低収益な企業が混在する「玉石混交」の状態。それで

ツイッターのコメント(21)

この記事を受けて、世界の株式市場を調べてみた
東証、優良企業にマネー誘導: 日本経済新聞

時価総額が一定以上あれば優良企業という発想はどうかと思うけど…
優良企業かどうかを判断するのは投資家なので。そのための材料を提供する、正しい材料を提供する仕組みづくりをしてくれればいいよ。/東証、優良企業にマネー誘導:日本経済新聞
公的年金などが東証1部全体に資金を投じているという問題がある。1部の絞り込みには、日本人のおカネ、「国富」をうまく生かしていく→こんな高尚な目的?
確かになんでここが1部?みたいなのは多かったけど、格下げ→資金抜けてヤバい会社増えそう
多くても300社ぐらいでいいわ👼(笑)

無駄に多い…
東京証券取引所が1部市場の上場企業数を絞り込むのは、優良企業にマネーを誘導する狙いがある。東証1部は企業数の肥大化に歯止めがかからず、優良企業と小粒で低収益な企業が混在する「玉石混交」の状態。
東証、
上場絞り込み、「1部安住」にメス
制度設計は概ね同意ですが、
J1、J2のJリーグ形式の様に、
時価総額の増減によって、
T1、T2として毎年、
市場の入れ替えを行う仕組みが
出来れば、かなり市場が活性化すると思います。 / 東証、 (日本経済新聞)
表題の通りになるかどうかは絞り込み方次第。時価総額ベースはわかりやすいですが、それが実態を現した適切なものといえるかについては正直疑問に思います。既存株主のみならず、各ステークホルダーに少なからぬ影響の...
大企業=優良企業みたいな文意になってるけど日経大丈夫なの?

東証、優良企業にマネー誘導:日本経済新聞
あんたに優良が決められるのかい / “東証、  :日本経済新聞”
株高は国益。しかし、細かなところまではなかなか維持できない。絞り込んで国際マネーを取り込む努力は必要。
優良企業の意味の勘違い / 東京証券取引所が1部市場の上場企業数を絞り込むのは、優良企業にマネーを誘導する狙いがある。
東証、優良企業にマネー誘導: 日本経済新聞

むむ?
『東証が上場維持に必要な時価総額を250億円に引き上げれば、単純計算で720社が1部から外れる計算だ。資金調達や採用活動などの面で大きな影響が予想され、3年以上の「移行期間」を設ける見通し』
これも今年の株主総会で1つのテーマになりそう。
上場絞り込み 東証「1部安住」にメス:総合4面から
緩やかな整理・効率化が進み、真に投入すべき対象が絞られて、本来投資されるべき企業が伸びるとよいが。

日本のあらゆる層、集団、グループ、チームに同じことができるとも言える。

その中で、個人としてはどう動くかを考えていく必要がある。
上場絞り込み 東証「1部安住」にメス :日本経済新聞 -
東証、優良企業にマネー誘導:日本経済新聞

東証が上場維持に必要な時価総額を250億円に引き上げれば、単純計算で720社が1部から外れる計算だ。資金調達や採用活動などの面で大きな影響が予想され、3年以上の「移行期間」を設ける見通しだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR