TOP > 社会 > トヨタとJAXA、国際宇宙探査で協業 有人探査車開発  :日本経済新聞

トヨタとJAXA、国際宇宙探査で協業 有人探査車開発  :日本経済新聞

トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、月や火星などの宇宙探査での協業を検討することで合意したと発表した。燃料電池車(FCV)の技術を活用し、月面を移動する有人探査車を開発する方向だ...

ツイッターのコメント(16)

これは楽しみ!

 有人探査車開発: 日本経済新聞
『カートリッジに入った水素と酸素』ってレシプロ?EVやないんや
トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、月や火星などの宇宙探査での協業を検討することで合意したと発表した。燃料電池車(FCV)の技術を活用し、月面を移動する有人探査車を開発する方向だ。
トヨタがJAXAと協力する理由は、FCVに関する技術力を高めたいから。
トヨタ的には電気自動車の今後を見据えていたり下請けの不安払拭も考えているのでは?

日本経済新聞より
有人探査車、かなりデカいな。これだけのものを運ぶとなると相当なエネルギーが必要になる。分解したものを組み立てるんだろうが、その資材を運ぶコストだけ考えても気が遠くなりそう。
これがあるからスタートアップってリスキーなんだよなぁ。
ispace がんばれ!
どこに向かってるんだろぉ、、、。
あ、宇宙に向かってるのか。
かつてGMは月面車でNASAに協力した。
トヨタは協力だけでなく、自前で宇宙ロケットを開発し、打ち上げてほしい。
"これまでトヨタが培った車の耐久性、環境技術などを生かし、探査車の開発を進めて、30年前後の実用化を目指す。" 強気だ…
有人探査車開発

トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、月や火星などの宇宙探査での協業を検討することで合意したと発表した。
|日経 - 2019/03/12 - 16:00 -
宇宙でも走る車、見てみたい
「全長が6メートル、幅が5メートル強と、マイクロバス2台を横に並べた程度の大きさで、4畳半ほどの居住空間に2人が滞在」でかいのに生命維持機能でパンパン。
第1弾として「有人与圧ローバ」という月面探査車の開発を検討。燃料電池車(FCV)の技術で水素と酸素の充填を繰り返しながら1万km以上の走行を可能に。トヨタとJAXAが宇宙探査での協業を発表しました。
火星でランクル走ってるとこ見てみたい(違
日本経済新聞で早速取り上げていただいています🌕🚙!
有人探査車開発

トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、月や火星などの宇宙探査での協業を検討することで合意したと発表した。燃料電池車(FCV)の技術を活用し、月面を移動する有人探査車を開発する方向だ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR