TOP > 社会 > 溶融燃料の完全撤去「難しい」 東電廃炉トップ  :日本経済新聞

溶融燃料の完全撤去「難しい」 東電廃炉トップ  :日本経済新聞

2011年の福島第1原発事故から8年を迎えるにあたり、廃炉を率いる東京電力の小野明・福島第1廃炉推進カンパニー最高責任者が日本経済新聞社のインタビューに応じた。炉心溶融(メルトダウン)により溶け落ち...

ツイッターのコメント(38)

東電は、これをはじめから分かっていたはずだ。重要な「点」のひとつだ。直感を働かせよう。
ごほごほほ
マジで負の遺産すぎる

豊かさと持続可能性を本気で考えないといけない局面であり、このタイミングを逃したら、、、、
はい、これで終了。食べて応援。風評被害。これらの全ては政治家達と官僚達のご都合主義。流されてる安全神話は嘘八百。それに騙されたら貴方は命を削ります。被災地の皆さん。もう十分です。よく頑張りました。でもお願いですから逃げてください。傷ついたDNAは遺伝します。
難しいのに再稼働?人々への責任も取っていません。
既得権益を守るために新しい世界への転換を妨害してきた結果だ。原発既得権益者のモラルハザードは崩壊している。既得権益を破壊しない限り日本経済は没落の一途だ。
さすが「原子力明るい未来のエネルギー」ですね(^-^)凸
次から次へと災害あるのに よく再稼働するよな

後始末できなくなる前に廃炉すすめるのが普通だろよ
そりゃそうでしょうね。なのに石棺しないでいじくって被害を大きくするのは、何のためですか。
遂に本音を言い出した🚀
一体全体この8年はなんなんだ🚀
アリバイ的に小石を摘まみ上げるくらいはするんでしょうね。3・11以来、見て見ないふりをするためだけにこの7年間は空費されました。その報いは大きなものとなり、原発事故の被害をさらに大きなものにするでしょう。
それまで、日本は持つんか?。責任者、出てこい!!。<30~40年で廃炉・・1~3号機の合計で約900トンと推定されるデブリをすべて撤去できるかどうかは「かなり難しい~」>・・・❖
まだ、生まれてもいない私達の子孫に現代の汚物を背負わせるのです・・

こういう事もガンガンニュースで取り上げて欲しいね。
事故の収束だってできないのに、再稼働とか二度と口にするな💢
楽観的なことも言えなくなった。
「かなり難しい」の中身は、お手上げも含まれると見た。

まだ、再稼働などとバカなことを言っているやつがいる。
@nhk_nw9 😾↓本来こういう無責任な姿勢を世に問うのがNHKであったんだが…
😾落ちぶれましたね
溶け落ちた核燃料の取り出せもしないのに何事もなかったかのように住民帰還ばかりを進めるのは危機管理として大きな間違い!→
だからダム化して石棺化(ドーム化)するしかなかったんだ。何をいまさら、放射能汚染水垂れ流しながら言ってんだろ。これは菅直人当時総理の責任も大きい。国会で議論しなかった。
「ロードマップでは廃炉完了まで30~40年としているが、「不確実性が大きく、終わるかどうかはイエスともノーともいえない」と言葉を濁した。」 ← 正解は「ノー」なんだろうな
現在の技術では、廃炉は限りなく不可能に近いはずだ

〈1~3号機の合計で約900トンと推定されるデブリをすべて撤去できるかどうかは「かなり難しいのは事実だ……廃炉完了まで30~40年としているが、「不確実性が大きく、終わるかどうかはイエスともノーともいえない」と…〉
トリチウム汚染水をタンク設置計画は2020年までしかないから、それに合わせた処理計画を考えろとはまた凄い物言いやね。開き直りもいいところ
ひとたび事故が起きたら、人の手に負えないものを、まだ動かそうとするのか?
アホなのか?
思いっきり したあとで泣き言を言うな!💢💢💢
それこそ、直下型地震に遭ったらどうするの?、責任とってね、さん!

【 日本経済新聞】
コレ…何年か前確か東日本大震災が起きたすぐ後くらいだったと思うんだけど今の埼玉県知事の上田さんが原発の廃炉の問題は簡単じゃない。まずは廃炉に携わる人材の育成から始めないとならない。そのためにも埼玉県でもスゴく増えてる高校を中退して…。

難しいというより無理だろうね!
廃炉の東電トップ「900トンのデブリを全て撤去するのはかなり難しい。廃炉完了まで40年としているが、終わるかどうかイエスともノーとも言えない」

廃炉は可能なのか? 誰にも分からないのに「再稼働推進」の安倍政権
40年後、小泉進次郎は77歳。閣僚はこの世にいないだろう
難しいも何も最近それらしきものの居場所がわかったかも知れない2号機以外は溶融燃料行方不明でどうやって撤去すんだよって話。永遠に地球を汚染し続ける。五輪やってる場合かってーの。
&タンク建設計画が20年までしか無い
日本経済新聞
それなのに、原発再稼働推進ですか、いい加減にせい!
じゃあ、廃炉は永遠に終わらないということ?
できるわけがない。だけど、それを言ったら「復興利権」が成立しないので、口が裂けても言えない。
1~3号機の合計で約900トンと推定されるデブリ…
数年以内に廃炉の詳しい工程表を新たにまとめる…
廃炉完了まで30~40年としているが、「不確実性が大きく、終わるかどうかはイエスともノーともいえない」…
「2011年の福島第1原発事故から8年を迎えるにあたり、廃炉を率いる東京電力の小野明・福島第1廃炉推進カンパニー最高責任者が日本経済新聞社のインタビューに応じた。」
何を今更…。だって溶けてるんでしょ?→
泣き言を言うな、デブリをステンレスのお棺に納める程度のことができずどうする、ノビーは石棺でいいと言うが、あほなこと言うたらアカン、日本国はソ連じゃない、大型のロボットユンボですくい上げてお棺に納めるだけ、この程度が出来ないなら廃炉はできない。
出来ないことを努力と技術開発で出来るかのように言うのは地元感情への配慮でしかなく、現実が行き詰まったときの悪影響の方がずっと大きいし、コストも作業員被曝リスクも極大なものになるだろう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR