TOP > 社会 > はやぶさ2、降下開始 「りゅうぐう」に22日着陸へ  :日本経済新聞

はやぶさ2、降下開始 「りゅうぐう」に22日着陸へ  :日本経済新聞

35コメント 登録日時:2019-02-21 13:19 | 日本経済新聞キャッシュ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日午後1時15分、探査機「はやぶさ2」を小惑星「りゅうぐう」へ降下させる。待機中の高度20キロメートルから徐々に高度を下げ、22日午前8時ごろの着陸を目指す。地...

Twitterのコメント(35)

壮大なる計画に心を揺さぶられるし、応援したくなります。
頑張れはやぶさ2😁
昨夜観たアポロ13のせいか、こういう記事が気になる。
”りゅうぐうは直径900メートルの大きさ。着陸地は、赤道付近の岩に囲まれた半径3メートルの円内に決まった。“
半径3メートルの岩場への、タッチダウンの成功を祈ります!
有村架純センセーか
有村治子センセーが
おられるといいすね
はやぶさ2がんばれ( ꒪ͧ⌓꒪ͧ)
うまく着陸して欲しいですねお
はやぶさの事を考えると泣けてくるんだよなー。
映画見て何回泣いたか…
がんばれはやぶさ2!
がんばれ~!
あったー!
小惑星りゅうぐうに行くんだ。

#はやぶさ2
タッチダウンとは、着陸と、違うのか?
ひえっ緊張してきた。ドキドキ…
はやぶさ2、降下開始 、探査機「はやぶさ2」を小惑星「りゅうぐう」へ降下させる。待機中の高度20キロメートルから徐々に高度を下げ、22日午前8時ごろの着陸を目指す。地球から約3億キロメートル離れた小惑星の探査が最初のヤマ場を
「20キロ上空から甲子園のマウンドに降りる精度」ってすごい。
これができれば観光以外に有人で宇宙に行く必要は激減する。
軍事でも核兵器なしで敵の中枢を破壊できる・・・それはいいとしてw
夢があっていい~中華の『イナゴの大群の食いつぶし』のような宇宙開発とは違う
片道20分の操作、状況把握。
数秒間の滞在。
複数回降下。

すごい。
今回はぜひとも完璧な形で着陸して欲しい
いよいよ最終ミッションの開始。 何とか成功して、兄貴に続いて地球に帰還してくれることを願います。
明日はこのテーマかな?
昨日、降下していないと言う報道があって心配したが、降下前の自己診断に時間がかかっただけだったようでひと安心😀/
はやぶさ初号機の帰還からずいぶん経ったなぁ
ワクワクするね!
降下する決定が5時間遅れましたが、いよいよです。「20km上空から甲子園球場のマウンドに降りる精度が必要」(JAXA) 。成功を祈ります。
当初は100m四方程度の精度での着陸を目指していたが、到着後上空からの事前調査にて想定より平らな場所が少ない事が判明。最終的に直径6mの円内へ着陸ととんでもない精度での着陸を与儀なくされました。明日の着陸、成功を祈っています。
ほげぇええええ
ターゲットマーカ投下とか忘れてた.最近こっちの垢ばっかり開いてるからなぁ
ちょっと訳あって、はやぶさ2の応援をしております。
無事に着陸してほしい。
はやぶさ2の男気が今、試されている…!!
🎌成功を祈ります。
凄まじい精度が必要な着陸なんや!😲
衛星がためらってるみたいだな
こういうニュースはロマンがあっていいよね(^^♪
以上

記事本文: はやぶさ2、降下開始 「りゅうぐう」に22日着陸へ  :日本経済新聞

関連記事