TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 中央アフリカ、著...

中央アフリカ、著名人切手を無断発行 皇室の肖像も  :日本経済新聞

17コメント 登録日時:2019-02-20 11:57 | 日本経済新聞キャッシュ

アフリカの一部の国で、世界の著名人の切手が無断で作成されている。切手愛好家に販売し、外貨を獲得するのが目的だという。日本人のスポーツ選手や芸能人らをモチーフにした切手もある。中央アフリカ共和国では皇...

Twitterのコメント(17)

『軍服姿の東条英機元首相を模した絵を使った切手には「Hirohito 1901―1989」と誤った表記もあった』
困ったもんだ
正直、何を今さらという感じ。
不敬とか以前にもうめちゃくちゃ
>日本からでも買えるとなると問題がある

日本で変えなければセーフとでもいうような
海外では肖像権の意識が希薄な国も存在し、日本の澤穂希選手やイチロー選手のような有名人の肖像が勝手に切手にされている例もあります。
この国は40年ぐらい前に、ナポレオン狂の独裁者が大統領から「皇帝」に即位しました。今でも皇室が好き?
なかなか大胆。
さすが、アフリカ。
買わない、という対抗が必要です。
中央アフリカにこれだけの切手を製版、印刷する技術があるのだろうか。もしもないとすれば、製版、印刷を引き受けた外国の企業の問題。つらつら思うに、技術を有し、かつ、知的財産権等を無視する国なんていくつもない。いや、事実上一つしかない。:
これは、今に始まったことでない話だったと記憶する…
イチロー選手、ビートたけしさん…。アフリカの一部の国で日本の著名人をモチーフにした切手が無断発行されています。中には皇室の肖像もあり、宮内庁は抗議しました。
使用済切手が発展途上国に寄付してその発展途上国がもしも…
なわけないか
アフリカで著名人切手を無断発行、皇室の肖像も 宮内庁抗議:
以上

記事本文: 中央アフリカ、著名人切手を無断発行 皇室の肖像も  :日本経済新聞

関連記事